« ギャグだと思っていたんだが | Main | Midnite Vultures(Beck) »

March 05, 2006

DJ選曲術(沖野 修也)

4845612437 みんなもよくやっていたと思うけど、カセット・テープの昔から、自分の好きな曲を並べて、クルマなんかで良く聴いていたもんです。今もかわらねぇけど、CD焼いたりとか。
 ワタシのクルマに乗った人は、そんなテープ/MDとかを聴いて、自分にも作ってくれなんて言われて、結構評判よかったりしてたんだよ。ま、自慢でもないんだけどさ。
 好きで聴きたい曲が入っているっていうだけじゃ駄目でね、コツとかあるんですよ、曲の並べ方とか、選び方とか。作っている人は、みんな何某かの感性を働かせているか、ルールを持って曲を並べているんじゃないですか。そうでない人のものは、やっぱり聴くに耐えなかったりしてるですよ。
 で、とうとうこんな本が出てるんですね。装丁がクールなんで、手にとってちょっと読んだら共感を覚えたので購入。
 筆者の、選曲法なんて文章にすべきものでもないよと思いつつ、それでも思いを残しておこうかと、明文化したところを、大きく買います。
 初心者向けというか、子供向けなのかなぁ。DJのテクニカルな講座ではないです。
 前半に選曲のノウハウ・心構えが書いてあって、それがこの本の全てなんだけど、後半の有名なミックスCDの解説も、工夫があって頑張ったところをみせてます。
 ここのところ、産業ロックを通り越した現象として、LOVEだのDRIVEだのといったコンピが売れているけど、DJの練り上げと積み重ねられたセンスで作られたミックスCDなら、聴いてみたいと思ったね。
 理由のある選曲。選曲することも、自己表現なんだというメッセージが、明文化されたことで、新鮮に感じました。

|

« ギャグだと思っていたんだが | Main | Midnite Vultures(Beck) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/8940724

Listed below are links to weblogs that reference DJ選曲術(沖野 修也):

« ギャグだと思っていたんだが | Main | Midnite Vultures(Beck) »