« 雨は等しく皆の上に降り注ぐ | Main | 人間同士なんだから »

January 20, 2006

革命の中、恋と詩に溺れて 悲劇週間(矢作俊彦)

4163246401
 読み終わってしまうのが、寂しかった。
 「戦争はいかが?」なんて、思わせぶりなキャッチ・コピーが帯にあったが、そんなコピーは要らない。リップ・サービスのつもりなんだろうが、的を外していてダサすぎ。まぁ、物語の中で、本当に言われる台詞なんだけど。
 堀口大学という青年が、政情不安定なメヒコの動乱の中での恋と詩に向き合っていく、そんな話で、センチメンタリズムに溢れている。
 戊辰戦争、西南戦争、閔妃暗殺事件、パリ・コミューンの崩壊の当事者達、新詩社、骸骨、闘牛、月、虹。古代、近代の思いが、メヒコで渦巻いていた。
 題材は矢作俊彦を読んでいる人なら、「おお、そういうところを持ってくるのか!」と思うが、今までのハードボイルド調でちょっとシニカルな文体とは、一線を画く。「超大作ロマン」のロマンは、飾り文句でも語呂合わせでもなく、まさしく「ロマン」を表現したもので、読んでるワタシが、もう堀口大学になりきっていたもんなぁ。なんという作者の想像力。どうでもいい沢山の本当と、ステキな嘘。
 「詩は誰でも書く。外交官も政治家も。革命家は詩を生きる。それで詩人はどうなんだ?」
 そんな会話が本当にされていたのかどうかは知らないが、その言葉と、ヒロインの最後までの謎が、堀口大学を、詩人とさせたに違いないと、思ってしまう。
 そして、明治45年という時代に生きた人が、なんとグローバルな視点を持っていて、カッコよかったことか。外交官一家としての話なので、そんな視点は当たり前なのかもしれないが、それにしても。
 どんな筋かは、すでにあちこちで書評が出ているので、読んでみてもらえばいいでしょう。ワタシは今、読後のなんというのか、切なさに浸るだけになってしまった。
 ま、矢作のファンなんで、もうしょうがないのですが、皆に勧めたい。
 表紙のモネもいいねぇ。この表紙が、この小説の全てを語っているよなぁ。。
 (いや、しかし、感想でもなんでもなくて、ただキャアキャア言ってるだけだな、俺は・・)

|

« 雨は等しく皆の上に降り注ぐ | Main | 人間同士なんだから »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 革命の中、恋と詩に溺れて 悲劇週間(矢作俊彦):

« 雨は等しく皆の上に降り注ぐ | Main | 人間同士なんだから »