« 眩しすぎて思い出せない | Main | あまりにも濃厚な番組 »

January 16, 2006

春の薫り満載

060115_12030001 低気圧のおかげで、お天気は大きく崩れましたが、暖かかった日。
 近所の方の庭に咲いたという、黄梅をいただき、その切れっ端を、備前焼の花器に活ける。
 黄梅は梅ではなく、木犀科、ジャスミンの仲間であるという。
 こうして、部屋に持ってきただけで、強烈な芳香を放ち、この暖かさと相まって、春めいた気持ちにさせてくれました。
 また寒さが戻りそうなので、身体には注意が必要ですが。。

 ところで、花を活けるというと、「真」「副」「控」とか、「天」「地」「人」とかの華道の基本単語を思い出しますが、こうした構図の成り立ちは写真、いやそれのみならず、全てのartに通じる概念で、そうした考え方・構図の分析を「~道」として伝えていることって、凄い事だなぁと。
 これがまた、「~道」がつくだけで、その真理は宇宙まで構築してしまうのですが、あながち大げさなことでは無いなぁと感じるこの頃で、温故知新、色々勉強して、今年は良い作品を創ろうと思っております。

|

« 眩しすぎて思い出せない | Main | あまりにも濃厚な番組 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/8173312

Listed below are links to weblogs that reference 春の薫り満載:

« 眩しすぎて思い出せない | Main | あまりにも濃厚な番組 »