« コートを出して | Main | 「思い出し吃驚」 »

November 25, 2005

やっぱりストーンズはいい Rarities 1971-2003(The Rolling Stones)

B000BP86MI シングルカップリング(もうB面て言わないよなぁ)や12インチ曲を集めたコンピなんで、色々批判も出るでしょうが、聴いてみるべきですね。何か言おうとするなら。
 ワタシもこのリリースとか、選曲に懐疑的だったんだけど、まとめて聴いてみると、やっぱり良いわぁ。
 デジパックのジャケットも好きなんで。これはデザインもいいねぇ。サム・ガールズの頃のプロモ・ビデオの写真だね。Respectableかなんかだったと思う。ミックがジャガー持ってんの(笑)。みごとにビル氏はフレームアウトされてるなぁ。
 ジャケット開くと、曲の解説が書いてあるブックレットみたいなのがついてます。いつの発売でどのシングルのB面だったかとか。

 タンブリン・ダイスはワタシの予想通り、ワイルド・ホーシーズのカップリングのやつだったね。テレビでやったストリップドの場面で、ピアノだけで歌いだすリハ風景から、ステージライブに切り替わるバージョン。
 へぇと思ったのは、Let it rockで、これが1971年のイギリスサヨナラ公演(この頃はイギリスの税金が高くなっちゃって、ストーンズも海外に移り住むようになったんだ)のリーズでやったバージョン。もちろんギターは、ミック・テーラー。そうか、タイトルの「1971-2003」で気が付けばよかった。この曲もイギリスではブラウン・シュガーのB面だった。レアといえば、Through the Lonely Nightsよりこっちの方がレアかな。

 レア自慢ばっかりしててもしょうがないワケで、要は、アルバムとして良いか悪いかなんだけど、良いんですよ、コレが。
 ワタシの場合思い入れとか思い出とか、いっぱい詰まっちゃっているからかもしれないけどね。ストーンズのこういうトコロが好きだっていう、たとえばグルーヴ感とか、猥雑さとか、イギリス人ぽいメロディーの美しさとかね、そういう色んなものが、宝箱のように、ここに入っている。いろんな時代を越えて。
 そんな各時代の技術と作風を、こうやって並べられて、違和感がない。ベースにBLUESとかリズム・アンド・ブルースがあるからなんだろうけどね。
 ジャケ裏に、
"Listen as the band reiterprets some of their greatest songs, retraces their blues and R&B roots and adds new textures to the most distinctive sound in rock'n'roll"
と、こっそり書いてあるのが印象的。大きなお世話なんだけど、妙に真摯に受け止めてしまった。
 最初に言ったように、まとめて聴くと、多種多様な中にもストーンズを感じさせる凄さがあって、そこに感じるストーンズは、おちゃらけた気持ち(ストーンズ・ファンって意外と、キースがカッコイイからそれでいいんだよ、なんて言うでしょ)でなく、やっぱりワタシはストーンズのここが好きだったんだよというストーンズだったんですね。それをアルバム全部を聴き終わって感じられたことが、今回の意義だったと思います。

 作る側も色々モメたんでしょうね。この曲入れようとか、あれはどうするとか。それよりなにより、こんなアルバム作ってどうすんの?とか。
 それでも、これを聴いてみて、CDにしないで埋もれさせるにはもったいない、という強い気持ちがあったに違いないことは、確信しますね。確かにもったいないわ。

 オリジナル・アルバムではないんだけど、これを聴いて、ワタシはストーンズに出会えたことを、なんだか、感謝しました。みんなに薦めて、無理やりにでも感謝させたいです。大絶賛ですね。
 でも、オリジナルじゃないので、アルバム自体は星4個。何故って、ズルいから。こんなん出そうと思ったら、まだまだ良質なコンピがいくらでも作れるぜ。なんたってストーンズなんだからね。

|

« コートを出して | Main | 「思い出し吃驚」 »

Comments

おお、これそんなにイイんだ!新譜はイマイチだったし、最近はすっかりストーンズ熱が醒めちゃったんで、これもスルーしようかと思ってたんですが、やっぱ買お!(笑)

Posted by: Y.HAGA | November 26, 2005 at 06:43 AM

HAGAさん、毎度です。
既出のアルバム(STRIPEDとか、NO SECURITYとか)からのものも目立つので、ものすごく期待されると、声が小さくなってしまうんですが、ベスト物よりなんぼか良いですよ。
ちょっと偏屈なストーンズファンが編集した、マイ・コレクションカセットというか、MDを聴いているみたいで、なんだか愛情が湧くんです。

Posted by: BARI | November 27, 2005 at 04:57 PM

今日、アマゾンから届きました。思わずレピートしています。ここちいいですね、ひっかかるところがありません。ヒステリーを忘れた古女房のようです(ばき)

Posted by: しゅんすき | November 29, 2005 at 07:53 PM

しゅんすきさん、反応ありがとうございます。
バラエティーに富んだ内容に、曲順の並べ方が
なんとも自然で、まとめて聴いてしまいますねぇ。途中でやめられない・・・。

Posted by: BARI | November 29, 2005 at 11:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/7303920

Listed below are links to weblogs that reference やっぱりストーンズはいい Rarities 1971-2003(The Rolling Stones):

« コートを出して | Main | 「思い出し吃驚」 »