« たいそう楽しくなってきた | Main | 海老のカクテル »

November 29, 2005

デビルス・ファイヤー

B0006ZXETI ブルース・ムービー・プロジェクトのboxセットを、ようやく見終わる。最後に観たのが、これ。
 プロジェクト中唯一の黒人監督で、これまた唯一、ドラマ仕立ての作品。
 昔のモノクロ・アーカイヴ映像と、ドラマの映像をシンクロさせて、なかなかの演出。そして、ミシシッピのカラーの風景は、なんとも切なく、美しい。
 テレビ番組としては、保存版級の佳作ですね。黒人監督って、どうしてあんなに美しいカラーが撮れるんだろう。
 作品の主旨として、bluesに関わる人たちの説明っぽい描写が、どうしても切り離せなかったのでしょう。そういうこともあって、物語として少し消化不良になってるんですが、それでも切なさみたいなものが伝わり、最後、じんとしました。

 ブルース・ムービー・プロジェクトの中のオススメは、これと、「レッド、ホワイト & ブルース」かな。

|

« たいそう楽しくなってきた | Main | 海老のカクテル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference デビルス・ファイヤー:

« たいそう楽しくなってきた | Main | 海老のカクテル »