« 涼しくなってきて | Main | 酒びたり »

October 14, 2005

ピアノ・ブルース

B0006ZXEU2 ブルース・プロジェクトシリーズは、日本の映画館でフェスティバル形式で上映されていましたが、こいつだけは上映が許可されませんでした。
 監督のクリント・イーストウッドが、「あれは、TV用に撮ったものだから、映画館での上映は、ちょっと・・」と、ゴネたといういきさつがあるそうです。
 ここまで聞いて分かるように、この映像は、クリント・イーストウッドが監督した、ピアノに焦点を当てた、ブルース紹介のDVDです。
 のっけからレイ・チャールズが登場しますが、彼の最後の映像だそうで、プロフェッサー・ロングヘアーとか、アーカイヴ映像で登場するのが、「おおっ」ですね。
 クリント・イーストウッドがインタビュアーとして登場して、ピアノ・ブルース・マン達とピアノを前にして語らいながら、ときにアーカイヴ映像交え進行するスタイルで、確かにTV向けのドキュメントでありますが、その編集は、音楽と映像がしっかりシンクロして且つ、楽曲のつなぎが気持ちの良い編集で、内容も興味深いですが、監督としての、クリント・イーストウッドの手腕に、拍手喝さいでありました。
 もうマグナムぶっぱなすだけの、無骨男のイメージは払拭ですね(とうの昔にそれはないか・・)。映画としてのドラマだけではなく、こういったドキュメントを、音楽の気持ちのよさを前面に出して、作り上げられるのは、もう、立派な巨匠と言われてもおかしくない、映画人になったと言っても、過言ではないと思います。
 また、それ以上に彼は、音楽が好きだからこそ、こういった映像が撮れたのでしょう。 
 
 クリント・イーストウッドのことばかり書いてしまいましたが、ピアノのブルースもいいですよ。

|

« 涼しくなってきて | Main | 酒びたり »

Comments

何ヶ月か前のドラムマガジンで「ブルースのドラム」という特集があって、この映画紹介されてました。
dvd出てるらしいですね。
見たいなあ。
「ドラマーの為のブルースグルーヴ」という教則dvdなら買いましたけどね。

Posted by: あだち | October 14, 2005 at 10:08 AM

「ドラマーの為のブルースグルーヴ」って、気になります。
見てみたいなぁ。

Posted by: BARI | October 15, 2005 at 06:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/6374115

Listed below are links to weblogs that reference ピアノ・ブルース:

« 涼しくなってきて | Main | 酒びたり »