« ドレッグホーンチャペル | Main | 最近ハマっているコミック »

October 19, 2005

ワタシのギター J45

j45 ワタシのギターシリーズの4回目は、ギブソンJ45 67年。シルアルナンバー064450。
 渋谷の楽器屋さんでそのときのワタシが手持ちのギターが、ぶっ壊れているのが発覚し、そのままそこに入院。その後にセッションが控えていたので、何かオススメのものがあったら買ってもいいって言ったら、いきなり勧められた・・。

 って、いきなりオールド勧めるなよ。今まで持ってるどのギターより高いじゃねーか。いやいや、こういうのは巡り合わせです、この機会を見逃したら、こういう出物は二度と無いかもしれません。見てください、このチェリー・サンバーストの美しさ。それに弾き込まれて年季の入った、この塗装の剥がれ方が、何と風格を生み出していることか。それに、とにかくこの枯れた音。一度弾いてみれば、分かります。いやいや、良いのは見ただけで分かるんだ。弾いてみちゃったら、そのまま手放したくなくなるじゃねぇか、駄目だよ、買わねぇからな、イヤイヤ、ちょっと触るだけだよ、あれっ、やっぱオールドのネックはいいねぇ、うひょー信じられない音量、、、、あの、、、カード使える?

 あすこの楽器屋の店員ヤバイって。見事に買わされたよ。しかし、いいもんは良い。オールドの音の枯れ具合がなんとも良く、びっくらこくんですが、やはし変えがたいのは、ネックだね。
 最近もJ45の昔の復刻版みたいなのがお店に並んでますが、ネックだけは復刻されてないんじゃないのか?全然違う。細めでまあるいんだね、60年代のギブソンは。エピフォンもその頃のものは、同じネック。これがワタシにとって、とっても弾きやすい。なんで、復刻だって言ってるのに、最近のはネックもコピー出来ないのかね?
 あんまり弾きやすくて、音も良いので、ステージで使えないか、マイク付けてみるのはどうか?と同じ楽器屋の店員に相談したことがあったんだけど、泣き顔で断られました。音が変わるかも知れないって。それに、状態から言っても、ヘビーに使うのはどうか?ってさ。使えないんだったら、楽器として買った意味がないんだけど、ま、そこは言葉のアヤだし、大事にレコーディングにでも使うべさと、断念したのでありました。家で曲書くときとかには、必ずこれを使ってます。

 珍しく、ギターマガジンに桑田佳祐がインタビューで出ていて(初登場だって?)、ギブソンについても語っていましたが、同じ感想ですね。マーチンのギターは、確かに良く出来ていて、とても繊細なのに対して、ギブソンのアコースティックは、もっとパーカッシヴな印象。あっちはメロを弾くのが似合って、こっちはジャカジャカ行くのが合うんじゃないかと。ワタシの弾き方に向いているし、求めているものなんですね。
 作りもマーチンは繊細だよねぇ。工芸品っていうか。こっちはなんだか、「雑」というと語弊があるんだけど、機能に特化させてるっていう印象を受けます。

 高かったせいもあるんだけど、いとおしい、そんなギターなんです。

|

« ドレッグホーンチャペル | Main | 最近ハマっているコミック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ワタシのギター J45:

« ドレッグホーンチャペル | Main | 最近ハマっているコミック »