« 悪ふざけ映画 | Main | ライブ告知 05.10.01大塚WELCOMEBACK »

September 01, 2005

立川談志一門会 2005年8月31日 国立劇場大劇場

 2月に観てから久しぶりの家元の高座。ちなみに国立演芸場の「ひとり会秋3夜」はチケット取れなかった・・。
 前にもいったけど、でかい所でないと、なかなかチケット取れないんだよ。
 今回は一門会ということで、以下の顔ぶれと演目。

 談笑「錦明竹」
 志らく「死神」
 笑福亭鶴瓶(ゲスト)「青木先生」
  -中入り-
 談春「文違い」
 談志「金玉医者」

 立川流の人たちって、噺に出てくるキャラクターを立てるのがウマイんですが、談笑はもうひとつだったねぇ。どうなるかと思ったが、語りは上手く、なんとか真打昇進の面目を立てていた。
 志らくの「死神」は、御馴染みのパターンなので、足が地についた雰囲気。
 で、ゲストの鶴瓶。このヒトの落語を聴いてみたかったので、今回楽しみにしていたんですが、古典じゃなかったね。
 しかし、このヒトの語りは凄いねぇ。普通の雑談でも皆の耳を集めてしまうような、あの雰囲気。というか、それがあの人の芸なんだけどね。だから噺のネタなんていらないんだろうけど、色々やろうとする姿勢が、またいいんだよなぁ。また今度この人観に行こうかな。
 談春「文違い」の「野暮な客」の演技良し。粋でなければ、野暮を演じられないんだよな。
 大トリの談志「金玉医者」のキャクターは、もう別格。家元が演っているこの「金玉医者」と「佐平次」の調子に乗っている場面のキャラクターが、ワタシは大好きなんですが、今日のは凄かったねぇ。何か乗り移った感じで。
 こういう一門会という場では、談志師匠、軽めの噺をさっとやるのが常だと聞いていますが、「金玉医者」は師匠が小噺を少しいじって長くしたという噺で、確かに軽めの噺なんでしょうが、このキャラクターで格の違いを見せ付けたと言っても、過言じゃないと思います。

 久しぶりだったのもあって、今日は楽しかったよ。本当に。

|

« 悪ふざけ映画 | Main | ライブ告知 05.10.01大塚WELCOMEBACK »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 立川談志一門会 2005年8月31日 国立劇場大劇場:

« 悪ふざけ映画 | Main | ライブ告知 05.10.01大塚WELCOMEBACK »