« 2005年夏のストーンズ | Main | 総武線から(BlogPet) »

August 15, 2005

Little Games(The Yardbirds)

litlgames ここを見てくれる方には説明の必要の無いヤードバーズですか。
 「リトル・ゲームス」というアルバムは、廃盤になっては幻のアルバムと呼ばれ中古屋で高い値が付き、忘れた頃にボーナストラックが付いて再販されるという経緯を、何回も取ってきているイワクつきのアルバムですね。
 やっぱり、ジミー・ペイジ人気につきるんでしょう。事実、曲的にぱっとしたラインナップで無いんですが、ジミー・ペイジが彼らしいギタープレイをしているのは、ファンには堪えられないんじゃないんですか。
 そういうワタシは、ツェッペリン系にはあまり一所懸命でなくて、興味はあったんですが、ついぞ買いそびれていたのを、この度ナニゲに見つけてゲット。
 これは、昨年出たリマスター紙ジャケ版(またかよ、オレ)ですが、ボーナストラックついて25曲入り。もうこれで決定版じゃないの。
 ボーナス・トラックの「Think About It」と、キース・レルフのうたう「幻惑されて」は聴きモノですね。

|

« 2005年夏のストーンズ | Main | 総武線から(BlogPet) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Little Games(The Yardbirds):

« 2005年夏のストーンズ | Main | 総武線から(BlogPet) »