« June 2005 | Main | August 2005 »

July 31, 2005

イメージを説明しない詩

 夜中にテレビをつけたら、爆笑問題の番組に京極夏彦が出ていた。
 作中人物のような格好(あの手袋みたいなのは何のため?)で、自信たっぷりに語るスタイルは、なんだかいかがわしいんですが、分かりやすい言葉を選んでつかうので、つい聞き入ってしまいます。
 そんな中で、ハタと膝を打った言葉があって、「100万人の読者が100万通りのイメージを持つような小説を書くために、私は自分のイメージを全く持たないように文章を書いている」と、いったものでした。
 自分のイメージを持って、それを説明するような文章を書くと、読者の中で読者自身のイメージが広がらない、というのです。

 あっ、そうだったのか。実はワタシも意図的にではないにせよ、詩を書くときはそういったコトをしているなぁと。
 尤も、楽曲の詩で命なのは、言葉の持っているビートだと思っているので、説明的な言葉を選ぶことはまず無いのですが、例えば、自分の曲を聴いてくれている人から、その曲の内容・ストーリー・登場人物の気持ちについての感想なりを聞く時、自分の詩に対して、ワタシは極めて他人事のように語ってしまいます。「そう、あの登場人物は、そういった気持ちを持っていたかもね」って。
 どんなふうに受け取ってもらいたいとか、そんな風に思って詩を書いたことは無いんです。基本的にワタシの歌詞って「こんなことがありました。以上」なんですよ。それはハード・ボイルドの影響かも知れませんが、詩の言葉で場面を提供するとか、そんな気持ちであって、後はビートがあればいいと。真実そのものを語りたいと思う気持ちを持ってないんですね。
 だって真実は、それぞれの人の心にあるんですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2005

Born to Run(BRUCE SPRINGSTEEN)

B0009J8GWG 紙ジャケ・リマスターってのに弱いのよ。
 これはもう名盤で、説明もいらないと思うんですが、リマスター具合は絶品じゃないでしょうか。すんごく良い音に仕上がっています。
 久しぶりに聴いて、再び燃え上がってしまったよ。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

July 28, 2005

窓越しのグリーン

glasskosi4
 よくオフィスで見かける植物。名前を知りませんが、生命力が強いんですよね。
 静かにコーヒー飲みながら、ボンヤリしてしまう窓越し。

-LOMO LC-A AGFA ULTRA100-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2005

江戸アルキ帖(杉浦 日向子)

arukicyo 新しく読んだ本じゃないんです。ずっと前から好きで好きで、いつでもすぐに読み返せるように、手元においていた本です。
 美しい江戸のスケッチと、タイムトラベラーになって、江戸時代の観光巡りをするという絵本の体裁をとったもので、とっても和むし、江戸の風俗とか文化が細かく分かるような、本です。みんなに一度、手にとって貰いたい。
 本当にボロボロになるまで手元に置いていたので、新しいのを買おうかと思っているくらいなのです。
 先日の本の紹介の中で、時代物ばっかりだったから、現代モノでも・・・なんて言っていたけど、この機に紹介しないとねって。

江戸風俗研究家の杉浦日向子さん死去 - nikkansports.com > 芸能ニュース

 このヒトのコミックも、エッセイも大好きでした。お冥福をお祈りいたします。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

July 26, 2005

人面樹

jinmenjyu3
 これ、おっかなくないですか?デストロイヤー?
 平塚八幡宮は、森に囲まれていて、気になっていたんだけど、中に足を踏み入れたら、いきなりコレ。
 八幡宮の森については、また書きます。

-CONTAX T3 KODAKK GOLD400 平塚八幡宮-

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 25, 2005

額紫陽花(BlogPet)

バンビィは、九州へ宣言するはずだったの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バンビィ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

練習所

golf7
 スタジオかと思った?
 ゴルフとかやるんです。面白そうだと思ったら、なんでも飛び込むんだよ。好奇心で生きてるからさ。
 全然へたくそで、ただ雰囲気が面白いだけ。練習所に行く格好も、アロハにダメージ・ジーンズみたいなのに、キャスケットとか被っちゃって、キース・リチャーズみたいなの。舐めてるでしょ。ゴルフ場に行ける服とか、持ってねぇんだよ。
-LOMO LC-A AGFA ULTRA100 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2005

これがニガさです。 ソウルパンチ(クレイジーケンバンド)

B0009J8HIO あんまり色々言えないです。森羅万象いろいろモグモグと口に詰め込んで、ペッとやったら、横浜中華街って感じです。
 漢(おとこ)のテレがあり、恥も外聞も無い部分もあり、これが苦さなんです。苦味の後に甘さが判るのがオトナってもんです。
 ところで、ケンさんのものまね(うたまね)しようと思って、練習したんだけど、ビブラートの入り方が結構特殊で、むつかしかったです。勉強になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2005

夏畑

vacation0
 夏休み、おめでとうございます。って、夏休みなんですか?巷は?
 ワタシはあんまり関係ないんですけどね。夏は好きです。暑くても。
 明けないと嘆いていた梅雨も明けて、ナツの写真です。LOMO色全開だね。ナツって感じのトウモロコシ畑と、青い空。
-LOMO LC-A AGFA ULTRA100 平塚にて-

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 21, 2005

青と緑

midoburu
 青と緑は、京浜東北と山手線ですね。
 天井に写った色が面白かったので。

-LOMO LC-A AFGA ULTRA100 秋葉原-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2005

Rooster(Rooster)

B00077Y9XK 花田裕之とかはいません。イギリスの新人バンド。24歳だそうです。
 聴いてビックリのコンサバ・ギター・ロック。G、B、D、Vの4人編成。解説読んだら、「パンクを通ってきてないロックの流れ」なんて表現をしていましたが、「ふーん、そうね。」と、うなずいてしまった。
 ミック・ジャガーとツェッペリンが好きだということだそうですが、あんまりミックとはつながらないなぁ・・。
 どんな感じかっていうと、ズバリ、イギリスのブラック・クロウズじゃねぇのと。ボーカルもギターもそんな感じだなぁ。
 不思議なことに、ブラック・クロウズの方がイギリスっぽくて、こっちの方がアメリカ的なダイナミックさを感じるぞ。イギリスも変わったなぁ。

 ま、コンサバ・ロック・ファンはこういう音、好きなんじゃないですか。ワタシも嫌いじゃないです。「大型新人がでたぁ」なんて騒ぐほどでもないですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2005

「アソビじゃねーんだ」という気持ち

 グッとくるblog記事をたまさか読んで、反応せずにいられなくなりました。
 音楽とか写真以外でこんなことになるのって、めずらしいな。ワタシとしては。

体が勝手に: 勝利の哲学

 岡本綾子のセリフが凄いですね。そりゃそうだ。納得。
 こういうプロ意識丸出しの精神は好きです。「こちとらアソビじゃねーんだ!」ってやつですね。特に勝ち負けのあるものについては、そうなんじゃろうと。

 音楽でも似たところはあるよね。ただ、「アマチュアイズム」好きだからやってるんだって気持ちは、忘れてはいけないことなんだけどさ。
 やっぱし、良いものを作るには、丁寧に丁寧に、創りこんで!創りこんで!創りこんでいく事が、商品価値になるからね。
 で、丁寧さとか、創りこみっていうのは、技量ばかりではないんです。気持ちなんだよ。気持ちだけを卓越させることでも、勝負になることがある。
 芸術って深いですねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2005

ねぇねぇつれてって!

butakun6
 これ、連れてったら、本気で怒られそうですね。とても大事にされていそうなんだもん。ぴかぴかに磨かれてて。
 よくあるマンガチックでないところと(そうはいっても目元は、昔の中国伝奇モノアニメ的であるが)、すらっとした体が、もうすんごくラブリー。大きさは高さが膝下くらいですか。
 とんかつ屋さんのマスコットですね。いたずらはいけませんよ。くれぐれも。

-LOMO LC-A AGFA ULTRA100 両国-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2005

ぼくをつれってって!

akabeko9
 うん。君は今まであまり気にならなかったけど、よくみるとラブリーで、とっても連れて行きたいのは山々なんだけど、さすがに差し渡し3メートルはある巨体だし、よしんば電車に乗せられても、ウチのドアには押し込めないんだ。気持ちだけ、シャッターにこめて・・

-LOMO LC-A AGFA ULTRA100 東京駅-

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 15, 2005

額紫陽花

gakuaji11
 九州南部では、15日に梅雨明けの宣言があったそうで、そうなると、撮り貯めていた、こういう写真も使いづらくならないうちに、アップしておこうかと。
 紫陽花は、こういうガクアジサイが好きです。
 近所を歩いているときに、足を止めてパチリ。
 しかしさあ、最近治安が悪くなってきたのか、カメラ持って住宅街でフラフラしてると、なんだか警戒されるんだよなぁ・・。

-LOMO LC-A AGFA ULTRA100-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅雨明けを待つ

setahana6

 少し前に「もう梅雨明けちゃったか?」なんていってましたが、どっこいまだまだ、ジメジメ陽気が続きます。
 で、エアコンとかちょっと効きすぎだと寒いし、なんもないと湿気でジトジトするしで、こまりましたね。ワタシも体調崩していますが、皆様も身体に気をつけますよう。

-rollie35s KODAK HD400 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2005

獲れたてトウモロコシを焼く

 結局七夕には行ってなくて、疲れたと思っていたら、身体の調子が崩れていたからなんですが、食欲も落っこちちゃったんです。
 お祭りでの楽しみは、焼きトウモロコシで、これはワタシの大好物なんですが、身体の変調にあんまし食指が動かなくなっちゃった。お土産で貰ってたんだけど。
 と又、近所の方から自分の畑で出来たやつですと、獲れたてのトウモロコシを頂く。ま、焼いてそのまま冷蔵庫保管していようと思っていたのですが、医者からもらった薬が少し効いたのか、食べたくなってきたので、消化に悪そうだったのですが、かぶりついてみました。
 これがなんと旨いこと!粒は小さいんですが、その歯ごたえと甘さが堪えられません。やっぱし獲れたてが一番なんだよ。元気を貰いました。ありがとう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 12, 2005

影牢II Dark illusion

B00097D9CA このシリーズ好きなんですよ。たまらないです。罠仕掛けるの。
 とっても残忍なんです。でも、ヒトがあっちに飛ばされ、こっちに投げ出されしている絵を見て、大笑いしてしまうんです。好きな罠のコンビネーションは、マグネットで壁に貼りつけて、爆弾で飛ばして、最後に大きな鉄球が階段から落ちてくるってのです。あと、花瓶を上から落として、うまく敵の頭にハマった時の、「かぽーん」という音が、最高に好きです。
 でも、今回少し難しくなったんじゃないだろうか?めっちゃ足の速いヤツが追っかけてきて、罠掛けるより、かけっこ大会みたいになってるし・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2005

うじうじ天気

 古いTVを処分したり、七夕祭りになると訪れる親戚に挨拶したりと、忙しく過ごし、七夕夜景を撮りに行くのが面倒くさくなる。
 AGFAのULTRA入れてあるんだけどな。LOMOに。
 どうする、どうするよ?俺。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2005

テレビが壊れる

 タイトルの通りです。ついこの間、写らなくなりました。
 あんまり、つけっぱなしにしたりしないんです。見たいときに観るし、観たいものが終わったら消す。
 最近帰りも遅いし、あんまり見てなかったんだけど、それでもdvdとか使えないしで、無けりゃ無いで寂しいので、休みにソッコー買いに行きました。
 配達・セッティング無料と言っているので、いつ持ってこれるか?と聞いたら、明日以降になると言うし、それなら今日持ち帰りで、自分でセッティングはいいんだけど、壊れたTVをね、引き取りに来て貰えるのかと聞いたら、それは自分で持って来いと、電器屋に言われた・・。
 ま、結局、その場で買って持ち帰ったわけですが、古いTVをね、処分しに行かなきゃいけないのが、億劫でねぇ。天気も良くないしさ。
 それでも、デジタル対応の液晶TVは、やっぱしいいよん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2005

露店

syonen
 そうそう。それで、七夕ね。

 子供の頃は縁日の露店が大好きでさ。お祭りなんて、もう、はしゃぎまわっていたものです。
 平塚の七夕は、ワタシがこれまで見た露店の多さで、一番でしたね。こんなの子供の頃に見たら、多分、はしゃぎすぎて、自律神経失調症になってしまっていたのではないかと。

 それがどうです。今は。
 遅い会社の帰りにこんなのがあると、結構悲惨ですよ。駅の改札は激混みだし、なんだかゴミだらけで汚いし。
 アソビに来るにはいいんだけどね。生活圏がこういうふうになるとねぇ。

 愚痴はともかく、写真は純粋に、少年が露店に心奪われている図。ワタシもこんな感じだったのだろう。スレて無い頃は。

-LOMO LC-A AGFA VISTA200 平塚-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2005

TV欄占い

 「毎日」なんてタイトルつけてますが、前も言ったように、書き溜めして、スケジューラーでアップしてるのよ。これ。
 で、うっかり2日分を1日で上げちゃったりして、ざまぁねぇさ。もったいない。

 世の中というか、ワタシの町では大掛かりな七夕祭りが開催中で、エライコトになっているが、これは、また、写真でも撮ったら、書く事にしますです。

 さて、今日はみんなの好きなネットの占いシリーズだ。誕生日を入れると、自分を表現したテレビ欄が出てくるというもの。ものは試しでやってみて。

テレビ欄占い

 ワタシはウケました。意味のわからない番組が多すぎます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 06, 2005

ケツノポリス4(ケツメイシ)

B000456XQG 音楽モノのTVも見ないし、ラジオもあまり聴かないしで、邦楽はどういう動向にあるのか、よく判ってないのですが、そんなワタシでも、「ああ、これがケツメイシね」というくらい、街角にあふれたメロディーでしたね。
 とある雑誌で、「ヒット・チューンより、長く聴いてもらえる曲を」とか、「ヒップ・ホップにこだわってきたが、ポップとしてよいものを」みたいな発言に興味を持って、真面目に聴いてみることにしました。
 確かにこのアルバムは、捨て曲の無い、1曲1曲の丁寧な魂の入れ様で、楽器の音もよくって、良質のアルバムだと思います。いきなりチャート1位なのも、うなづけます。
 でも、オジサンは、途中で飽きてきたなぁ。いろんなリズムで変化をつけてはいるんだけどね。なんでだろ?
 タイコの音が生きたヒトでないからなのか?歌詞のトーンが似ているからか?
 一曲聴く分にはいいんだけどね。続けて聴いていると、別のヒトの曲が聴きたくなってしまう。
 きれいに過ぎるからなのかもね。苦さとか、さ。そういう味が混じってなくて。それでも彼ら30だもんなぁ。否定をしてるんじゃ、ないんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おれは清海入道(東郷 隆)

4087476014 またまた東郷隆の時代小説です。
 真田十勇士のひとり、清海入道が主人公で、くだんの十人が集まるまでの話。
 時代考証というか、相変わらず喋り言葉とかにも凝っていて、エピソードも渋く、エンターティメントとして派手じゃなく、ニヤリとするような、玄人ウケの話ですね。ネタバレだけど、クライマックスは、合戦とか戦いじゃなくて、夜這いだもの。どこか呑気で、飄々としたところが好きです。

 真田幸村モノは、池波正太郎とか司馬遼太郎で読んでいましたが、どの小説を読んでも違和感を感じなかったのは、読んだ全ての作者が、時代考証をしっかり行っているからでしょうね。そういった中にも、作者それぞれの解釈があって、それぞれ興味深いんです。加藤清正を暗殺したのは誰かとかね。

 最近、時代物とか落語とかに偏ってきているので、そろそろ現代モノでも読むかな。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2005

スター・ウォーズ3

 先行上映で観てきました。楽しみにしてたのよ。
 これまた凄い迫力でワクワクしましたが、当初言われていたようなストーリーに対する感動は、あまりなかったな。
 結局、アナキンが何でダークサイドに堕ちたのか、同情できるものが無かったんだよね。よくわからなかった。
 でも、アクション、特撮大作としては、見所満載で、面白かったんだけどなぁ。もすこし、泣かせて欲しかった。うん。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 04, 2005

困ってしまう「電話会議」(BlogPet)

きょうバンビィはBARIとここで司会した?
それではバンビィは相槌に電話しなかった?
それではBARIが相槌みたいな電話しないです。
でバンビィはダイアルが参加したかったの♪
でここまで参加する?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バンビィ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ディープ・ブルー

B0002S0JVU 海の生物のドキュメンタリー映像。凄い。
 癒されたいとか、ボンヤリ出来るんじゃないだろうかとか、そんな期待で観たワタシが甘かった。生命の力強さというか、喰うか喰われるかという様な、厳しさ満載の、スペクタクルといっても過言でない映像でありました。
 確かに美しい映像。冒頭のイルカが波乗りをするシーンは、美しさと迫力に目を奪われます。
 驚くのはシャチがアザラシを襲うシーンで、大きな尾びれをシャチが一振りして、アザラシが高く空中に投げ出されるシーンは、正しくぶったまげました。
 甘い気持ちで観ないほうがいいですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2005

海辺の発見

imina4

 質感が面白かったので・・・
 海辺を歩いていると、飽きないです。

-MINOLTA TC-1 KODAK GOLD400 平塚海岸-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2005

身体は正直

 まずはリンクから。

危険な正露丸の服用

 こういう話はずっと前からあって、ワタシが中学生の頃にはすでに、学校の保健室でも置かなくなっていたなぁ。
 ま、だからといって、こういったクスリを排除しましょうとか、そういう考えは持っていません。ワタシは。
 痛いのなくしたいなら、ちょっとはいいんじゃないの?くらいな気持ち。

 でも、最近になって思うのは、結局、よくある身体の変調は、自分の身体自身が直そうとしている現象であって、身体を直すのは、自分自身であるんだということです。
 咳だって、気管にある異物を出そうとする現象だし、悪いもの喰って下痢しているのは、悪いものを身体から出そうと言う現象でしょ。ま、胃腸が弱っている場合もあるけど。

 クスリは、結局、痛みの緩和にはなってるけど、身体自体を直してはくれないんだよね。それより、栄養を摂って、ゆっくり休む。それが一番なんだよね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »