« 人面樹 | Main | 窓越しのグリーン »

July 27, 2005

江戸アルキ帖(杉浦 日向子)

arukicyo 新しく読んだ本じゃないんです。ずっと前から好きで好きで、いつでもすぐに読み返せるように、手元においていた本です。
 美しい江戸のスケッチと、タイムトラベラーになって、江戸時代の観光巡りをするという絵本の体裁をとったもので、とっても和むし、江戸の風俗とか文化が細かく分かるような、本です。みんなに一度、手にとって貰いたい。
 本当にボロボロになるまで手元に置いていたので、新しいのを買おうかと思っているくらいなのです。
 先日の本の紹介の中で、時代物ばっかりだったから、現代モノでも・・・なんて言っていたけど、この機に紹介しないとねって。

江戸風俗研究家の杉浦日向子さん死去 - nikkansports.com > 芸能ニュース

 このヒトのコミックも、エッセイも大好きでした。お冥福をお祈りいたします。

|

« 人面樹 | Main | 窓越しのグリーン »

Comments

 杉浦さんって、昔、うちの奥さんが中国へ行ったときにご一緒して、その後もしばらくおつきあいがあったので私もひところはよくお会いしたのですが、ご本人も「はんなりとした」という古風な形容が似合うような美人でしたね。それが、学生時代からの知り合いでひところはよく一緒に仕事をしていた荒俣と結婚したというので腰を抜かして、まぁすぐにわかれたのですけれどなんとなくますます身近な気がして。
 訃報に接して、なんとも不思議な気分でした。
 BARIさんの日記に杉浦さんの名前をみつけたときには、でもなんとなくああ、そうなんだと思いましたね。BARIさんは歌でしか知らない方なんですけれど。

Posted by: いまおか | July 27, 2005 at 01:14 AM

>いまおかさん
コメントありがとうございます。
お知り合いでしたか。
今度のことは、なんとも、残念な気持ちになります。

杉浦さんの作品に触れたのは、
自分でも何がきっかけかは思い出せないのですが、
江戸っ子の粋というか見栄坊なところとかの、
楽しさ転じて悲しさに通じる部分が自分にあって、
それを、分かってるんだという心地よさを、
求めてのことだったのでしょうかね。

Posted by: BARI | July 27, 2005 at 11:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/5166405

Listed below are links to weblogs that reference 江戸アルキ帖(杉浦 日向子):

» 杉浦日向子さんの描く江戸の世界…ご冥福をお祈りいたします [月乃春水 ツキノ・ハルミ 本のこと あれこれ]
江戸風俗研究家の杉浦日向子さんが亡くなりました。46歳でした。 まだお若いのに…ショックです… 新聞を見て「えっ!」と声をあげてしまいました。 「お江戸でごさる」でのチャーミングな笑顔を拝見すると、なんだかほっとするような気がしたものです。 それと同時に... [Read More]

Tracked on July 27, 2005 at 05:20 AM

« 人面樹 | Main | 窓越しのグリーン »