« ぬいぐるみみたい | Main | 紫陽花 »

June 18, 2005

ボキャブラリーの限界

 何気なくTVをみていたら、広末涼子とゆずが対談していた。
 広末の「ボキャブラリーに限界があって、歌を書くのに行き詰ったことはないか?」という問いに、「そりゃぁ、ありますよ」と、TVのゆずと、ワタシの独り言が同時だった。
 誰でも素朴に思う疑問と、誰でも持っている悩みだ。
 そのあと、TVでどんな展開になったか良く覚えてないが、こういう限界は必ずあって、それが個性を生むような気がする。
 まず、どこからどこまでが限界なのかという、個人毎の領域。そしてその広さ。また、どの方向へ広げようとするのか。または留まろうとするのか?その全てが個性を決定づけるのだろう。
 だから、限界に悩むことはないんだ。

|

« ぬいぐるみみたい | Main | 紫陽花 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ボキャブラリーの限界:

« ぬいぐるみみたい | Main | 紫陽花 »