« 砂浜の遊具 | Main | もんの凄い爺さん Oscar Niemeyer (オスカー・ニーマイヤー) »

June 25, 2005

北京とのTV会議

 仕事で、20時より北京とTV会議の予定だった。

 こちらは男性2名、向こうは日本語を話せる中国人の女性管理職2名で、現在向こうで行っているプロジェクトの進捗聴取を、週1回のペースで行っている。

 TVはISDNで繋げているのであるが、何の調子が悪いのか、始める前からなかなか回線が繋がらず、とうとう21時まで開始できなかった。
 苛立ちがつのったが、どうにかこうにか回線も繋がり、ミーティングを開始。直前にメールで送っていた資料が手元にあるか?と確認したところ、無いので今すぐプリントしてくると言って、向こうの一人が退席。なかなか戻ってこないので、残るひとりも席を離れて見に行った形となった。

 で、そのまま二人とも帰ってこない・・。こっちでは、「なんだよぉ。電話でプリントしておいてくれっていったのにぃ」などと、苛立ちを隠せない様子になったが、それでも待っていた。
 モニタに写る席は空席のまま、「すいませんでした。用意できましたので、始めましょう」と声だけ聞こえたので、待たせ過ぎを悪く思ったのか、カメラの前に座る前に声をかけてくれたのかと思い、「はじめましょう」と、こちらも応じる。
 そのまま、あちらが色々話を始めたのだが、モニタに写る絵は、先ほどと同じく空席・・。
 「多分、席を立っている間に、画像の送信チャネルだけ切れてますねぇ」と、同席の人間がボソリとワタシにだけ分かる様に言った。時間も押しているし、気にせずこのまま行こうと、こちら側は目だけで申し合わせ、そのまま会議を進めていった。多分向こうは、こちらの画像がどうなっているのか、分からないままだったろう。

 しかし、会議という形で会話を行っているので、どうしてもモニタに目が行く。今日も一日忙しかったし、あまりにも疲れがピークに達すると、苛立ちを通り越して、精神は変な方へ傾いていく。
 会議は進めているのに、目の前は誰もいない椅子が写っているだけだ。明らかに不条理な世界で、普通に振舞おうとしている。

 もしかしたら、我々はバカにされていて、彼女達はカメラの後ろで話をしているのではないか?とか、あらぬ妄想に取り付かれると、苛立ちや怒りより、笑いが先に来る。相手は真面目に話しをしているのに、ワタシは、なんだか可笑しくて仕方なくなってきて、資料を顔の前にかざして、相手に判らない様に、必死で笑いをこらえていた。ってゆーか、横から人が見たら、完全に笑っていたと言うだろう。
 会話が真剣で、真面目であればあるほど、不条理な状況が可笑しいのだ。

 気が付くと隣の人間の肩も、少し震えていたが、急にモニタ画面が正常になり、先ほどの二人が写ったときに、彼が再びボソリと「ちゃんと写ったときに、全然知らない人だったらビックリしたでしょうね」と、彼の妄想を語ったのをきっかけに、とうとうワタシは大爆笑してしまった。当然向こうは「?」であろう。それがまた可笑しくて、笑いが加速度を増す。疲れているときとは、そういうものだ。

 なんだかんだと言って取り繕い、なんとか会議が終わり、東京側のふたりで、あの時それぞれが妄想した事柄を語り合い、再び爆笑。
 「今日は面白かったですねぇ」って、俺達ゃ一体ナニをやっているのか?

 ええ、ちゃんと仕事はやってますよ。いやホント。真面目に遅くまで。泣きたくなるくらいね。

|

« 砂浜の遊具 | Main | もんの凄い爺さん Oscar Niemeyer (オスカー・ニーマイヤー) »

Comments

あー解るす解りすぎますその精神状態。
その場に居たら私もこらえきれなかっただろうなぁ。
BARIさんってば面白がり方が素敵なので、
それ見てるだけでもらい笑いしてしまう予感。

Posted by: くにっち | June 25, 2005 08:45 AM

徹夜とかやってる時に、よくあるよね。
笑いが止まらなくなる時間帯ってのが。

どうもそれが最近、早い時間帯になった気がする・・。

Posted by: BARI | June 25, 2005 11:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北京とのTV会議:

« 砂浜の遊具 | Main | もんの凄い爺さん Oscar Niemeyer (オスカー・ニーマイヤー) »