« とってもアセル | Main | ぬいぐるみみたい »

June 15, 2005

歌の可能性

 子供の頃は、歌の歌詞の意味を知らないで歌っていたものでした。それで十分楽しかったし、そこが重要なコトだったと思います。洋楽だって、歌詞の意味がよく分からなくても、楽しいからね。
 歌の言葉って、一番重要なのはビートなんです。絶対ワタシはそう思っています。そこから外れていたら、歌じゃないとさえ、思っている。

 今回、タイトルが「歌の可能性」ってことですが、そんな大それたことではなくて、せっかく言葉を使って歌うんだから、ビートに加えて意味のあることを伝えられたら、更に可能性が広がるよね、っていう当たり前のハナシ。

 なんでそんな当たり前の話をしてるかっていうと、ワタシの最寄駅に沢山たむろしている、ストリート・ミュージシャン達の中に、ヒップ・ホップ系の人間が現れてきたことに、端を発します。これがねぇ、もうひとつだったんだよ。
 若いコ達だからね、ビートのコツは分かっているみたいなんだ。まぁ、それでも、聴いたことがあるような、日本語RAPの常套句を並べているんだろうけどね。で、内容が無いんだ。きっと、自分の言葉が無いんじゃないだろうか?
 ヒップ・ホップって、ビートやメロディーがオリジナルでなかったりするから、そういうところ、凄く気になるんだよね。
 彼らはビートが楽しいだけでやっているのだろうか?それは悪いことじゃない。
 切に思うのは、自分の言葉を見つけられたら、もっと可能性が広がるんだ、そうやって、世界を広げて行って欲しいということです。ま、ワタシ自身に言い聞かせてるって部分もあるけどね。

|

« とってもアセル | Main | ぬいぐるみみたい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 歌の可能性:

« とってもアセル | Main | ぬいぐるみみたい »