« April 2005 | Main | June 2005 »

May 31, 2005

バラの季節

rose33

 今は、タイトルほどワタシにとってよい時期でないです。愚痴になっちゃうけど。身と心をすり減らして生きてます。
 せめてキレイなものを眺めようと。まったく、バラの季節なんですから。

-CONTAX T3 KODAK HD400 平塚総合公園-

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 30, 2005

サムライ以降のポリシー

 サムライ・ブラック・ファイブというバンドを始めるに当たって、まず決めたことは、ポジティブあるいは全てを肯定するような世界を作り出していこうというものでした。
 ロックバンドはアウトサイダー的なスタンスから、現代社会・メインストリームに対しての批判として、語る対象に対して否定的な表現をするやり方が多く、ともすると、否定的表現の詩を書くことがロック魂であると思われがちです。
 それは違うんじゃないかなと。
 テーマが批判であったにしても、肯定的表現で詩を書くことは出来るし、必要悪からナニからを一度認識した上で、本当はどうあるか?を語ることを、これからのワタシにしたいなと思ったのでした。
 結局、本当はどうあればよいかとか、これからどうすればよいかという名案がズバリと出ることはないのですが、いつでも良くあろうとして、なんとかかんとかジレンマの中で生きている人間を描いているんでしょうね。ワタシも答えが知りたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2005

退職(BlogPet)

BARIたちが、ネットでバイトとかお世話ー!
まがつでお世話したよ♪きょう色は即死したかった
*このエントリは、BlogPetの「色」
が書きました
が書きましたみたい
ここへバイトとかお世話したよ♪きょう色は即死したかったみたい
ここへバイトとかお世話ー!
とか思った?


*このエントリは、BlogPetの「バンビィ」がまがつのLow amp;Highを読んで書きました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

これって、もうカルトだよね

B0007727UM 話題になっておりますニュース。
Yahoo!ニュース - 日刊スポーツ - 「新選組!」来年1月続編放送
 NHKの大河ドラマが続編を作るのは、初めてだそうだ。そらそうだろう。大抵は、主人公が死ぬまでをやってしまうからね。
 「新選組!」の主人公は誰であったか?本編は近藤勇であったろう。もちろん。でも、ここまで支持を受けた要因として考えられるのは、ひとりの主人公の魅力というのではなく、若者集団という捉え方があったからにほかならないでしょう。
 どこまで大衆的に支持されていたかは、数字的にアレなんですけど、ココまで来ると、カルト的な人気と解釈するほうが早いのかなぁと。
 ワタシも好きでした。「新選組!」の面々が活きの良い若者だったことがよいですね。時代劇専門役者じゃなく。
 役者たちが、新選組という集団を分析・討論していたというハナシを聞いて、面白くならないワケは無いなぁと、思ってました。
 続編楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 27, 2005

風の止むのを待つ

kiiroful5

 花でいっぱいの画面にしたくて、構図を考える。
 のどかな日和だったが、何気ない風に花びらが煽られて、なかなか花の揺れが落ち着いてくれなかった。
 忍耐で撮った一枚。
 やっぱりHDは発色がよい。
-CONTAX T3 KODAK HD400 馬入お花畑-
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2005

草臥れ果てた一日

25日のニュース

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - JR横浜駅 信号機故障 ラッシュ時17万5000人影響

 巻き添え喰いました・・・。
 あまり怒っちゃいませんが、ウチの最寄り駅、こういうのに合うと、手も足も出ないんですね。
 仕事場についたのはお昼でしたが、草臥れ果てていました。

 天候でも、事故でもなく故障との事。
 こういうのを不便に思うのは、いかにパーフェクトな毎日を送っているかってことですね。
 パーフェクトでないと許されない社会も怖いんですけど。
 LOMOとかのカメラと付き合いだして、心が広くなったのか・・・

 なんにせよ、朝一番のこの出来事で、もうクタクタです。さっさと寝よう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2005

馬入お花畑

popybata8

 そおいえば、去年も撮ったなぁ。こういう光景。
 BLOG PETの背景の写真にしたんだ。
 今年もきれいに咲いてます。で、コンタックスT3で撮ってみました。
 手前の花にピンが合っていて、背景のボケも色が滲んだみたいで、よいなぁ。
 フィルムもいいからね。やぱし、T3には、KODAK HDだよ。

-CONTAX T3 KODAK HD400 馬入お花畑-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2005

ギンザでボンヤリ

bonyari7 ぼんやり銀座を歩いていて、ぼんやり空を撮ってみた。
 何故だか写真もぼんやり写っていた。
 ぶれているだけか・・

-LOMO LC-A KODAK GOLD400 銀座にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2005

志らくの落語二四八席辞事典(立川 志らく)

4062129124 学生時代からロック・バンドをやっていて、軽音楽部だったにもかかわらず、会社のトップだった方からは、落研だと思われていて、今でも職場では、そういう風に思われているワタシです。
 落語を本当に好きだと言えるようになったのは、ごく最近(といっても、10年は経つかなぁ・・)。上手い人のを聴くと、そらもう感動するものですよ。

 談志一門の志らくの著書。落語に興味が湧いている人であれば、読んでみたらいかがでしょう。248席の落語のあらすじと、関連知識などをまとめた本です。
 志らくの落語への情熱も、ひしひしと伝わります。
 書き言葉でのボケ・ツッコミがなんだか一本調子なので、途中、少しダレるかなぁ。でも、最後まで読めてしまうのは、テンポがよいからですね。テンポがよいのが一番。本人の高座は、ちょっとテンポが速すぎて、もう少しゆっくり聴きたいなって、思うこともあるけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2005

壁と水道

oresui1 通りがかったパチンコ屋。
 オレンジ色の壁と、水道ホースの青が印象的で、記録した。
 蛇口のひねるトコロがなぜだか外されている。イタズラされるからだろうか?



-CONTAX T3 KODAK HD400 平塚-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2005

これはエアロだなぁ Joe Perry(Joe Perry)(BlogPet)

きのうは作品はカバーしたかった。
でもここへカバーするつもりだった。
でもここへBARIが前回とか主導したよ♪
でもここでBARIでモノをカバーするつもりだった。


部屋の窓。
レースのカーテン。
連続する糸が織り成す模様が、遠近感をおかしくするので、ボンヤリ見ていると、悪夢を連想する。
影が青い。
−LOMO LC-A KODAK GOLD400−


*このエントリは、BlogPetの「バンビィ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

静かなること

rinhayasi

 有名な信玄公の軍旗に書かれた文字「風林火山」(実は信玄公の言葉ではなく、孫子の兵学書の一説)の、「徐(しず)かなることは林のごとく」というフレーズが、好きだ。
 林は静かなのか?比喩表現が詩的なんだよね。
-CONTAX T3 KODAK GOLD400 平塚-


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2005

土と暮らしたい

daiko4

 仕事が忙しい毎日で、疲れたと思いながらボンヤリTVを見ていると、農家の人たちなんかが写ったりしていて、ふっと、「ああ、もうこんなストレスの溜まる仕事をやめて、田舎で土と暮らしたいなぁ」なんて思うことがある。
 もちろん、逃げである。実際の農家の仕事だってストレスの溜まることは絶対にあるだろうし、肉体的にも辛かろう。
 楽な仕事なんてねぇんだよなぁ。それに、俺が暮らしているここだって、十分田舎だし・・。
-LOMO LC-A KODAK GOLD400 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2005

ワタシのギター3

gtr_gospel ワタシのギターシリーズ第3回。
 これはエレアコですね。GIBSON GOSPELってモデルで、ギブソンの100周年記念の企画モノ。
 見た目がJ45なんですが、GOSPELはラウンド・バックっていうんですか?裏が丸みを帯びています。それに、ピエゾマイクが付いてるのね。ギブソンのロゴが、そのボリュームコントローラーにも入っているけど、純正なのかな?音は、最近のギブソンのギターと変わりません。特にここが凄いってコトはなし。普通に生ギター。
giblogo 企画モノとして特別なのは、ロゴが昔のスタイルで入っているってことですか。なんとなくレアものっぽいかなぁ。
 これも安かったです。ドルが安かった時にかったからかもしれないけど。でも、作りは良くないんだよ。荒い。荒すぎる。
 一回、ブリッジが捲れて剥がれそうになっちゃって、楽器屋に持ち込んだら、手入れも良くなかったかもしれないけど、このギター自体が全体的に歪んでるって言われました。ちょっと補強の修理までして、そういうのにお金がかかっちゃいましたね。
 でも、エレアコって色々便利なので、よく使ってます。そのうち、これは!ってものに出会うかも知れませんが、今のところ、こんなもんでいいかなぁってさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2005

ウィルスで閉鎖だって?

 ワタシもよく訪れていたサイト「価格.com」が、ハッキングで閉鎖された。

【速報】価格.comがハッキングで閉鎖、閲覧者にウイルス感染の可能性も : IT Pro ニュース

 結構ショックなニュース。かなり良質で便利なサイトだったんだけどな。安全とは空気のようなものだね、と空恐ろしくも我に返る。どんどんヒトゴトでない世の中になっている。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 16, 2005

これはエアロだなぁ Joe Perry(Joe Perry)

B0007OTWS0 これはジョー・ペリーのソロ新譜。
 エアロの前回のブルース・アルバムも殆どジョー・ペリーの主導だったらしいけど、今作を聴いて、ここんトコのエアロは全く彼のモノなんだということがよく分かる。
 ジャケ写もストレート過ぎでベタだが、内容もベタにジョー・ペリー節。
 まぁ、気持ちは分かるし、確かに気合十分の作品なんだけど、エアロと変わらない印象で、当のエアロと変わらないとなると、スティーブン・タイラーのボーカルが聴きたくなっちゃうじゃない。それはナシだよねぇ。
 一曲、ドアーズのカバー(クリスタル・シップ)をやってて、「オッ」っと思った。聞き物はそれくらいか。
 でも出来は悪くないんです。今回はちょっと辛かったかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 15, 2005

待望のdvd化 Bring on The Night(Sting)

461 これは好きでよく観ていたよ。スティングがポリスからソロになって、第一弾のライブ・ドキュメント。dvdになったのは、今回が初めて。実は待ってました。うれしい。
 はっきり言って、この頃が一番カッコよかったと思うんだけどな。メンバーも凄いし。ケニーカークランド、ブランフォード・マルサリス、オマー・ハキム、ダリル・ジョーンズでしょ。
 ダリル・ジョーンズなんてすっかり今は、ストーンズの一員みたいになっちゃってますが、この頃は売れっ子セッション・マン。若くて痩せてるし(笑)。
 なにより何回も観てしまったのは、オマー・ハキムのドラム・ソロ!これは必見。感動。dvdになってインデックスがついたので、また何度も観られるぞぉ。

 早くdvd化を望む残りの作品は、「ヘイル・ヘイル・ロックンロール」だな。キースのプロデュースしたチャック・ベリーのドキュメント。でないかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2005

田舎道(BlogPet)

きょうは、blogしたの?


*このエントリは、BlogPetの「バンビィ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TOKYO SKY

tokiosky0
 やっぱりLOMOは面白いなぁ。冒険出来るんだよね。
 LC-Aはその性能や価格から、トイカメラだとはちっとも思ってないんだけど、遊んでみたくなるんだよ。光と影が写ってればそれでも面白いやって。
 CONTAX T3はしっかり写るから、どんなふうに撮れててもいいやって感じで撮ってない。なんとか性能を出し切ってやろうみたいな感覚がある。
 持ってるカメラで気持ちが変わっちゃうんだね。
-LOMO LC-A KODAK GOLD400 東京駅-

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 12, 2005

ストーンズ2005-2006ツアーを発表

 ローリング・ストーンズが2005-2006のワールド・ツアーを発表しました。

Yahoo!ニュース - ロイター - ローリング・ストーンズ、今夏からワールド・ツアーへ

 噂では、新譜の発表も兼ねる見方があったんですが、まだ出来てないみたいですね。ミック曰く85%まで完成しているとか。遅くとも8月には新譜の発売がありそうだとのハナシも、一部に流れている。
 今回の会見は、ステージセットを組み、3曲の演奏で、うち1曲が新曲だったそうで、聴きたいネェ。
 日本には来年の3月の予定とか。
 あいかわらず元気そうなオヤジ達を、見に行きたいネェ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 11, 2005

レースカーテン

mado0510
 部屋の窓。レースのカーテン。
 連続する糸が織り成す模様が、遠近感をおかしくするので、ボンヤリ見ていると、悪夢を連想する。
 影が青い。
-LOMO LC-A KODAK GOLD400-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2005

森の人と遭遇

monohito
 ワタシが勝手にそう呼んだだけです。
 こいつ結構でかいよ。

-LOMO LC-A KODAK GOLD400 丸の内仲通り-

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 09, 2005

フィルム選びの豆知識

kihana3
 カメラのネガ・フィルムを選ぶのに、「このカメラとあれが相性がよい」などと言ったりしていますが、意外とシンプルな選び方として、どんな色のものを撮りたいかという選択もあろうかと思います。
 で、これまた意外というかシンプルな情報として、「フィルムのパッケージの色は、そのフィルムの特色を出す色である」と、いうことなんですね。
 これでいきますと、ワタシの良く使っているkodak goldは黄色(オレンジ?)、agfa vistaは赤、fujiは緑ってね。
 そうやって意識してみると、なるほどそうかもって思います。そおいえば、kodak HDも、agfa ULTRAもパッケージが青で、青空がキレイに写るよね。

-LOMO LC-A KODAK GOLD400 平塚 馬入のお花畑(今月末までが見ごろでしょう)-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2005

コース・デビュー

narita 前日に病院で点滴を受けるという悪体調で、しかも雨の降る中、初めてゴルフ・コースを回る。
 これまでやったことが無かったのは、単にタイミングがなかったから。ロックをやってる人間で、よく「ああいう俗物的なものはやらない」という気持ちの人が居たりしますが、そういうのは全くなかったです。
 逆に好奇心がガソリンみたいな人間ですから、ああいうゴルフのクラブハウスとかコースとかカートとか、どうなってるんだろう?なんて気になっていたんですが、バンド活動だ!カメラ買っただ、ギター買っただ、セッションだなんだと、とてもあっちまで手が回らないってぇのよ。金だって自分の趣味に対して湯水のように、そんなに使えないです。ましてや時間をや。
 今回の参加は実は渋々で、比較的強引に計画に組み込まれてはいたのですが、時間とカネに制約があるにせよ、イヤだという理由は無いわけですから、身を任せてしまえば面白い世界も見えるだろうと。
 で、GW前から本格的に練習して(数年前にクラブのセットもらったり、靴を買ったりして、練習とかショート・コースでふざけていたことは、あったのよ)草臥れはてて、扁桃腺を腫らしたということなんですが、ドタキャンなんてしたくなかったし、もうどうにでもなれ!と、悲壮感もなかったわけです。

 早朝はカラダが辛かったんですが、クラブハウスに7時過ぎについて朝食(粥があったので迷わずそれ)を頂き、クスリを飲むと大分落ち着き、雨の中でも元気に動き回れるようになりました。
 ああいうオトナの遊び場所って好きなんだよね。なんだろうね?俺は。格調とか権威に弱いのかね?あと、みんな優しいんだよ。初めてなの知ってるからさ。このままハメてしまって、その後ムシリ取ろうと思ってるか知らないけどさ。
 ゴルフ初心者の初コースの心得は、とにかく人を待たせない様に最善を尽くすということで、ただでさえ段取りも分からないし、思うところへボールは飛んでくれないですから、走る・次の準備をすぐする等で、スコアなんて覚えてられないですね、全く。
 面白かったですよ。皆が優しくフォローしてくれたからなんでしょうが。
 贅沢なアソビなので、「贅沢したぁー」って思えるのが一番爽快なんでしょうが、みんなそんな気はサラサラなく、もっと上手くなるんだ!って、気負っているのも、カワイイと思いませんか?

 今回行ったメンバーは会社の面々で、ワタシを誘った口火を切ったのは、仲の良い上司でした。嫌がるだろうが強引に連れ出そうという魂胆もあったでしょうが、終わったあとに「面白かったか?」と聞かれ、素直に「楽しかったですよ」と答えると、心の底から嬉しそうにしていたのが印象的でありました。

 コースで写真が撮りたかったんだけど、雨の中だったので、持ち歩くのを断念。今回の写真は、帰りのクルマの中から。帰る頃には、いままでの事が嘘みたいに青空が広がりました。また、行くときには、必ず写真を撮るよ。


-LOMO LC-A KODAK GOLD400 成田にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2005

GWの近況

haruhana11 事務的な用事が多々あり、粛々とこなしている。
 ま、ゆっくり出来てたんだけど、疲れもたまっていたのか、扁桃腺を洒落にならんくらい腫らしてしまい、ダウン。あやうく入院させられそうになる。
 水と食物が喉を通るときに痛いだけで、それ以外は熱が出るとかいうこともないので(疲れやすいんだけど)、クスリが効くと至極爽快になる。これがいけないねぇ。無理する原因だ。今日も、とっとと寝る。
-CONTAX T3 KODAK GOLD400 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2005

田舎道

inakamiti

 「いなかどう」って読んでどうすんだよ?「みち」だよ「みち」
 ボケツッコミはどうでも良いですが、数日前に撮った影の写真の全景。道に広がる影が、あの時のものだよね。
 ワタシの住んでいるトコロは、こんな感じの景色が広がってます。不便もないので、好きなトコロだと、声を大にして言えます。のどかなんだよ。
-CONTAX T3 KODAK HD400-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2005

Shall we Dance?

 リチャード・ギアのやつである。彼の必殺ワザといえば、正装でラストに女を迎えに来ることだ。高倉健が制服で敬礼するのと同等に、それをやれば誰だってオチるぜっていう反則に近い必殺技なのだが、今回は失笑してしまった。
 日本版のオリジナルを見ているので、どうしても比べてしまうが、社会環境が違う中、向こうの人はどんな風にみるんでしょうね。そういうのが気になる。
 でも、わるく無いんじゃないですか?ワルツを踊りだすときの恍惚とした爽快感・陶酔感というのだろうか、ああいうものは、オリジナルには無かった。アメリカ人はきっと、生きているだけで、ああいった陶酔感を味わっているに違いない。ラストは、オリジナル版の方が、カタルシスがあったかな。
 スーザン・サランドンがとにかくイイ演技をしていてこれは見もの。主役とヒロインは喰われていたんじゃなかろうか。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

May 03, 2005

垣根に花が咲いている

kakinehana7
 GW中日。普通に会社に出る。今日の仕事には、ストレスなし。
 ま、アソビなんですが、最近スポーツなどという、慣れないことをやり始めたので、カラダが疲れているのか、仕事帰りにビールを呑んだら、ジョッキ2杯で酔っ払ったみたいになる。レンチャンしているからか?
 と、思ってたら、なんだか風邪みたい・・。喉も痛いわぁ。カラダだるいし。明日からまた連休。とっとと寝て復活をまつ。
-CONTAX T3 KODAK GOLD400 平塚にて(文章となんにも関係ないね)-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2005

御町見役うずら伝右衛門・町あるき(東郷 隆)

uzura 知ってる人なら知っている、二代目矢作俊彦と言われた東郷隆です。ちなみにハード・ボイルドではありません。
 初めてこの人を知ったのは、007シリーズのパロディー小説で「定吉七番シリーズ」(Wikipediaにあったのが渋いねぇ)ってをみかけていて、気になってたんだけど、矢作俊彦のラジオ番組にゲストで来たときに、二人して腕白坊主同士の会話が繰り広げられるにいたって、読んでみたくなったのがきっかけでしたね。いたずら坊主なんだけど、インテリジェンスの土台がしっかりしているというか、そんな作風と見て取れました。
 なんども言ってますが、小説の本当に面白いところは、上手に面白く嘘をつくことなんですが、その根底に、どうでも良いことなんだけど、本当(事実)の土台がないと白けてしまうんです。そういったところが、上手く出来る人なんですね。
 この「うずら伝右衛門」シリーズも、池波正太郎の「長谷川平蔵モノ」から人情感を薄めた現代アレンジというのでしょうか、江戸の描写が極めて自然で、ことに、しゃべり言葉が町人から武士まで、多分そういう話し言葉だったんだろうと思わせる口語体と、町の描写や生活作法の時代考証がしっかりしているところとかが、比べられるに値するものだと思います。
 で、物語は結構、突拍子も無いエンターティメントあり、グロかったりというところが、現代的なストーリー作りなのかなと。

 ずばり、面白いです。お暇な方は是非。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2005

徹底的瞬間?

kage5
 瞬間というのは1度きりなんだけど、そういったものは常にあるわけで、まさしく、今の今だってそうなわけです。
 被写体として影が面白いんだって思ったのは、ごく最近ですが、こういった早く動かないものさえ、数時間たつと表情を変えてしまいます。
 いつだって、面白いと思ったときが撮り頃であって、「またいつか撮ればいいや」で撮れるものは、なかなか無いですね。多分自分の気持ちも変わってしまうからかも知れませんが。
 いつだって写真は、徹底的瞬間なんですね。これを、一期一会といいます。

-CONTAX T3 KODAK GOLD400 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »