« 壁と水道 | Main | ギンザでボンヤリ »

May 23, 2005

志らくの落語二四八席辞事典(立川 志らく)

4062129124 学生時代からロック・バンドをやっていて、軽音楽部だったにもかかわらず、会社のトップだった方からは、落研だと思われていて、今でも職場では、そういう風に思われているワタシです。
 落語を本当に好きだと言えるようになったのは、ごく最近(といっても、10年は経つかなぁ・・)。上手い人のを聴くと、そらもう感動するものですよ。

 談志一門の志らくの著書。落語に興味が湧いている人であれば、読んでみたらいかがでしょう。248席の落語のあらすじと、関連知識などをまとめた本です。
 志らくの落語への情熱も、ひしひしと伝わります。
 書き言葉でのボケ・ツッコミがなんだか一本調子なので、途中、少しダレるかなぁ。でも、最後まで読めてしまうのは、テンポがよいからですね。テンポがよいのが一番。本人の高座は、ちょっとテンポが速すぎて、もう少しゆっくり聴きたいなって、思うこともあるけど。

|

« 壁と水道 | Main | ギンザでボンヤリ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/4221504

Listed below are links to weblogs that reference 志らくの落語二四八席辞事典(立川 志らく):

« 壁と水道 | Main | ギンザでボンヤリ »