« ・・・厳禁?? | Main | 帰りを待っている »

March 20, 2005

字幕スーパーについて

 知人のblogで知った以下のリンク。

映画『オペラ座の怪人』の字幕改善署名

 はぁー、戸田センセ叩かれまくってるねぇ。ここまで叩かれているってことは、もう時代に追随できなくなっているのでしょうか?字幕スーパーって難しいんだってね。
jimaku 左の写真は、その戸田センセの師匠筋である、清水俊二の著作(編集モノだけど)「映画字幕は翻訳ではない
このひと、チャンドラーの翻訳でも有名ですね(日本のハード・ボイルドの文体は、この人が作ったって言ってもいいんじゃないかと)。
 日本の字幕スーパーって世界でもピカイチのクオリティーなんだってね。映画を観るっていう行為を主体に捉えているから、言っているリズムとか、字幕の出ている時間とそれを読める字数とかも計算に入れて、セリフを日本語で表現する。大体1行10文字で2行まで。そんな条件で直訳や正確な翻訳は出来ないから、いかに同じ意味の言葉で、雰囲気を同じにするかというセンスも問われる。
 こりゃ相当難しい作業だと思います。別に戸田センセを擁護するつもりも無くてね。やっぱり、時代に即したセンスを持ってないと駄目だろうし、映画自体の背景も勉強しておかないと、翻訳とは違うので、雰囲気だけを日本語にしてしまうってコトなんでしょう。
 字幕スーパーの大家と言ったって、そんなに色んな分野に通じられるわけもないんだから、どんな作品でもこなすなんて無理だよね。
 でも、なかなか新しい人が育ってこないらしい。そういうところ、もっと業界も力を入れて行ってもらえるといいよね。

|

« ・・・厳禁?? | Main | 帰りを待っている »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 字幕スーパーについて:

« ・・・厳禁?? | Main | 帰りを待っている »