« 帰りを待っている | Main | まだまだ春を待つ海 »

March 22, 2005

NARA NOTE(奈良 美智)

narant 画集ではないです。絵日記のようなもの。読み応えがあります。
 奈良美智というと、すごいフリークの方がおられますが、ワタシはそこまでじゃないと思ってます。好きな作品もあれば、イヤな作品もある。
 このイヤな作品というのがミソですね。多分、ワタシの感情を逆撫でされているでしょうね。優しさと厳しさ、可愛さと残酷さの表裏一体。どっちにもベクトルが向いている。自分だってそうで、自分のイヤな部分を見せられている感じなのかも知れません。
 彼の日記というか散文には、そういった心の吐露が現れていて、親近感と同時に、強い向上心に励まされるような気がしました。
 紙切れや罫線の入ったノートに描かれたドローイングの数々、いいですねぇ。いつも手元に置いておいて、何気なく眺めていたい本です。

|

« 帰りを待っている | Main | まだまだ春を待つ海 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NARA NOTE(奈良 美智):

» 奈良美智展ⅠN弘前 2005年4月19日 [縄文ドリームタイム日記]
先週末、用事で、弘前へ行ってきた。 天候に恵まれ、岩木山もくっきり。 ただ、水田にまだ水ははられていなかった。 今月下旬さくら祭りが始まるが、桜の蕾はまだ固かった。 弘前で、ちょうど奈良美智の個展をやっていたのでのぞいて見た。 弘前は、奈良美智のふるさとである。 会場は、吉井酒造煉瓦(レンガ)倉庫。 吉野町のレンガ倉庫として町並みにしっくり溶け込んでいる。 このレンガの倉庫の中を、白いペンキを塗った小さな 区画で仕切り、奈良美智の作品が、ゆっ... [Read More]

Tracked on April 19, 2005 04:33 PM

« 帰りを待っている | Main | まだまだ春を待つ海 »