« 悪霊よ去れ! | Main | ギターを売る »

March 04, 2005

How to Dismantle an Atomic Bomb(U2)

u2bomb 周りの反応からいっても、良いモノであろうことは察しがついていて、それでもすぐ聴きたいとは思っていなかった。
 ヨシュア・トゥリーは名作だと思っているし、売り方、アートワークも正直カッコイイと思う。ワタシが世間に反発しているわけでもない。実際、手にとって見て、これはやっぱり名作だったと思ったけどね。
 なんで食指が伸びなかったかというと、ボノがもうひとつ好きじゃないというか、苦手なのです。
 なんというんだろう?本人に会ったことがないので本当の所はわかりませんが、なんというか、クルマに例えると、アクセルにアソビがなくて、ちょっと踏むだけでブォーって走り出しちゃう様なヒトトナリを見て取れて、それはちょっとコワイなと、倦厭したくなってしまうんです。
 そういうのって、ロケンロールじゃん、アドレナリンぎんぎんで生きてるじゃん。みたいな捉え方もあろうかと思いますが、ロックの大御所たちって、実はそういう人少ないじゃないですか。ミック・ジャガーにしても、ポール・マッカートニーにしても、ジョン・ライドンですら、アソビがある人格を観てとれる。ま、今挙げたヒト達はみんな年寄りになっちゃってるし、英国人だけれども。
 日本人に至っては、ロック界にそういう人知りません。
 どうしてか?みんな若くして死んでしまったからかも知れません。

 でも、ボノがそういう人でなければ、U2はなかったでしょうし、ああいう楽曲もなかったでしょう。彼を育んだ環境と真摯に対峙した、極めて真面目な結果の結実として、今のボノのステイタスがあるのに間違いはなく、またU2のトップを走り続けていられる理由もそこにあったでしょうが、エッジの存在も大きいと思います。
 今回のアルバムは、エッジのアルバムだと、ボノは公言しています。そこは注目です。化学反応なんですね、やっぱり名作っていうのは。

 3曲目、Sometimes You Can't Make It on Your Ownは名曲でしょう。
 

|

« 悪霊よ去れ! | Main | ギターを売る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference How to Dismantle an Atomic Bomb(U2):

« 悪霊よ去れ! | Main | ギターを売る »