« ドキュメンタリー You Gotta Move(Aerosmith) | Main | ビーストシェイク(戸梶圭太) »

February 06, 2005

あっ、コレコレ! Los Lonely Boys

llbjak 今年のCD2枚目はコレ!Los Lonely Boys
 あんまり前知識無くて聴きました。一発目に聴いたときにすぐピンときたのは、「おっ、久々のテキサス・ブルース」っつーか、スティービー・レイ・ボーン。なんて聴き進むにつれ、ラテンのフレイバーがあり、しまいにはスペイン語も出てきちゃったので、メヒコ系なんだぁと、理解。そう、メキシコ系のテキサス出身、実の兄弟がやってるトリオ。
 出音もすごくイイんですが、上手いって印象をすぐに受けますね。本人達のフェバリットとしても上げられてますが、レイボーンとサンタナをあわせて、2で割った感じ。カッコイイです。バンド名とルックスが、もうひとつ垢抜けないと思うんですが、グラミー賞ノミネートしてるそうで、やっぱり実力が違うんだなと。
 そんなこんなで、エンハンスドCDだってゆーので、収録画像を見てみると、2人で1本のギターを弾いたり、琴みたいに5弦ベースを床において弾いたり、昔の関西系超テクバンドみたいなパフォーマンスが繰り広げられていて、爆笑してしまった。
 曲・メロも聴きやすくて、こら面白いよ。日本に来たら、観にいきたいネェ。

 ちなみに、ウィリー・ネルソンがバックアップとの事。1曲参加もしています。

|

« ドキュメンタリー You Gotta Move(Aerosmith) | Main | ビーストシェイク(戸梶圭太) »

Comments

はじめまして、同じ記事があったので
コメントさせてくださいませ。
>レイボーンとサンタナをあわせて、2で割った感
>じ。
僕は、思い切りラテンロックを期待して
買いましたが、いい意味で外れました。

Posted by: ち~旦 | February 16, 2005 at 11:23 AM

ち~旦さん、はじめまして。
テキサスのバンドということで、どうしてもSRVのテイストが入りますね。
ラテンの味も適量で、旨みが出てるというか、良いバンドだと思います。

Posted by: BARI | February 16, 2005 at 11:41 PM

ども、キョウコです。
ロスロンリーボーズの記事発見。
私も、彼らにはツボりました。
お兄ちゃんから弟に向けて、横に大きくなってるの(笑)

Posted by: kyoko | March 14, 2005 at 09:50 AM

>KYOKOさん
おや、誰かと思えばプラソルの歌姫さまだね。
先日の新横浜はお疲れ様でした。

ロスロンリーボーイズいいよねぇ。
確かに弟になるに従って、横に育ってる・・
でかいんだろうねぇ、本物見ると。

Posted by: BARI | March 15, 2005 at 12:26 AM

ひーーーーっ!!
ロスロンリーボーイズでした。ロスロンリー坊主(恥)
見逃してくれありがとう、BARIさん。

新横浜お疲れ様でした。
何を歌っても「BARIさん風」ってのが、すごくかっこいいです!!

Posted by: kyoko | March 15, 2005 at 06:00 PM

何をウタっても自分風は、
アナタも同じよん。
カラオケ上手い人とバンド・ヴォーカルの
一線を画く違いなのかもね。

カラオケ上手い人もすごいなぁって
思いますけど。

Posted by: BARI | March 18, 2005 at 12:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/2820014

Listed below are links to weblogs that reference あっ、コレコレ! Los Lonely Boys:

» SAME/LOS LONELY BOYS [ち~旦のレコ堀り日記]
僕を含む、30代後半~40代のロックファンが、まるっきりの新人の 作品を聞く頻 [Read More]

Tracked on February 16, 2005 at 11:21 AM

« ドキュメンタリー You Gotta Move(Aerosmith) | Main | ビーストシェイク(戸梶圭太) »