« 国芳・暁斎 なんでもこいッ展だィ | Main | その枝ぶり(こうさぎ) »

January 24, 2005

その枝ぶり

edabuu

 数日前の榎の枝ぶり。
 実は青い空が撮りたいだけか。

 最近は、liveが近いので音楽モードになっていて、なかなか写真を撮りに行ってない。

-LOMO LC-A KODAK GOLD400 馬入のお花畑-

|

« 国芳・暁斎 なんでもこいッ展だィ | Main | その枝ぶり(こうさぎ) »

Comments

ども。今年に入って2度目の邂逅っすね(笑)。BARIさんのページで知って前からちょっと気になってたんだけど、LOMOっていいですねえ…。実は僕も最近写真に興味が出てきて、年末にデジ一眼買っちゃったんですだよね。でも、デジってなんかイマイチなんだよなあ…。当たり前だけど見たまんまの画なんですよね、あれって。BARIさんのページ見るたびLOMOに惹かれています。日常をぐわん!と歪めちゃうようなところがあるよね、あれ(笑)。買っちゃおうかなあ…。

Posted by: Y.HAGA | January 24, 2005 12:24 PM

>HAGAさん
先日、知人とカメラの話になって、
デジタルはお手軽だし、現像プリントもいらないので安く上がるけど、カメラにフィルムを入れた時の「よし!この一本、撮ったるぞ!」って気合が入ったり、プリントが上がるまでのワクワク度は変えがたいものがあるね、などと盛り上がったものでした。
そういった意味でも、写真に興味がでてきたなら、フィルムカメラを持つ喜びは分かって頂きたいなぁと思います。

LOMO LC-Aは機能を日本製のものと比べると、割高感があるのですが、そのローテクゆえの重量感とか、ちゃちさにも愛おしさを感じてしまいますね。
オマケについている写真集も面白いし、懐具合が許すのであれば、是非手に入れてもらいたいと思います。

でも、面白い写真を撮るコツは、すべてのカメラに共通しているものなんですけどね。

Posted by: BARI | January 24, 2005 11:36 PM

実は僕、高校時代は写真部でマニュアルフォーカスのカメラを使ってたんですよ。その後は封印してたんだけど、昨年デジ一眼を手にする機会があってその進歩ぶりにびっくりして買っちゃいました。でもね、やっぱこれはMFとは別モンだと思ったな。そこそこのモノがあがる確率は高いです、はっきり言って。でも、それは予想の範疇を超える事はないんですよ。
だから、今は思わぬモノがあがってくるような、思いっきりローテクで個性の強いのが欲しいわけ。LC-Aは周辺がケラレてポラっぽい色合いにあがるのに惹かれてます。
一枚一枚ISO感度を変えられたり、コストを考えずばしゃばしゃ撮れたり、デジのいいとこももちろんたくさんあるんですが、デジって基本的に撮影後のレタッチを前提としたものなのかもなあ、なんて思ったりもしてるんですよ、最近。それって銀鉛とはかなり遠くなっちゃってますよねえ。まあ、LC-Aっぽいのも“デジで撮ってフォトショで加工すりゃイイじゃん!”って言われりゃそれまでなんですが…(苦笑)。んー、やっぱLC-A欲しいなあ…。ど派手な発色のフィルムでガンガン撮りたいですね。

Posted by: Y.HAGA | January 26, 2005 11:46 AM

>HAGAさん
写真部でしたか。失礼しました。
でもそれならハナシが早い。
買ってしまいましょう。
ハマってしまうと思いますよ。
フィルムは、発色でいけばAGFAのULTRAとの相性が抜群ですが、コダックの安いフィルムが好きですね。
歪んで見えてしまう程の広角レンズなので、思っているより色んなものを写しこんでしまうから、被写体には寄りすぎと思うくらいで撮るのがコツでしょうか?
是非ともHAGAさんのロモ作品をみたいものです。(^^)

Posted by: BARI | January 27, 2005 12:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference その枝ぶり:

« 国芳・暁斎 なんでもこいッ展だィ | Main | その枝ぶり(こうさぎ) »