« October 2004 | Main | December 2004 »

November 30, 2004

ひかり

hikari

 前回から写真を大きめに入れました。クリックすればポップアップして、大きくなるようにはしてるんだけどね。最初から大きいと、ウザイかなぁ?
 自分が撮った中では好きな写真です。
 LOMOで撮りましたが、意図的に露出を設定しています。フラッシュ用に絞りが設定できるじゃないですか。アレを設定すると、シャッタースピードが1/60固定になるんだよね。

-LOMO LC-A AGFA VISTA200 鵠沼にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 29, 2004

シンはジェクトだ!

 タイトルは気にしないで下さい。オヤジギャグみたいなものだから。
 なんだか割引になっていそうだったので、数ヶ月前にAMAZONでDQ8の予約を入れていたのだが、忘れていて、いきなり届いたのに驚く。

 映画や小説が好きなら、やってみるでしょ。現役でファミコンのDQ3のころからやってるしね。子供にやらすもんじゃないって。際限なくやってしまうし。自制力が効かなくなるもん。いや、まったく。おもしろくてさ。

 昨今のファイナル・ファンタジーのシステムもあったので、3次元的なアニメを動かすという仕組みには驚かなかったですが、主人公の視界で映像を見れるシステムは面白いですね。空を見上げてみたり、谷を覗き込んでみたりとか。

 ストーリーとか、感想はゲームが終わったら書きますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2004

秋晴れ(こうさぎ)

きょうは、朝日としまに?したいです。
きのうは-された。
きのうは朝日のネタとかアグファしなかった。
朝日の、ギャグに-したかったの♪
きょうバンビィは、プロポーズするつもりだった?
bariは、

 天気の良い日は、カメラだね。
ただただ青い空だけでも撮りたくなる。

 初台の交差

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「バンビィ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋晴れ

hatudai
 天気の良い日は、カメラだね。ただただ青い空だけでも撮りたくなる。
 初台の交差点はよく通るのだが、最寄の駅は小田急だとばかり思っていて、ついこの間違うことに気が付いた・・。ショックだった。

-MINOLTA TC-1 KODAK GOLD400 初台にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2004

ウルトラローズ

ultrarose 文字通りのアグファ・ウルトラ100で撮ったバラ。
 花びらの赤がとんでしまいそうなほどの発光であるが、そういう異質感に惹かれる。変なヒトなのだ。ワタシは。
 葉っぱを見るとピントのキレがよくわかるし、バックのボケ味も好きだ。
 好きな写真である。

 平塚はバラの名産地なんだそうだ。

-MINOLTA TC-1 AGFA ULTRA100 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2004

今日の日記

 特に自慢ではないが、安い居酒屋、特にチェーン系の飲み屋にはほとんど行くことがない。
 珍しく今日は、蒲田の立ち呑み屋に上司と二人で入る。うなぎの串焼きが看板に出ていた。
 初見で入って、何が怖いかというと、こういうお店は、なにかと作法があって、その作法が分からないと、相手にされないところなのだが(例えばラーメン次郎とかさ、説明してくれないとメニューの頼み方もわからねーじゃねーか。何だ?店員のあの台詞と、ポーズは?)、ま、いたって普通に呑めた。
 ゲソ焼き(モンゴウイカのゲソ塩焼き串にさしてある)が、びっくりするほど美味。お酒を含めて、一番高いモノが「しらこ」で500円。
 そんなお店に入って、上司から、ホヤとマナコのワタの味わいの違いを延々とご教授され、ベロベロになる。
 エイリアン対プレデターにはヒトが出るのか?という論議に至っては、時間を忘れる・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2004

あれ?誰かよんだ?

kou3neko2 前回の続き、猫写真4つ目。
 タイトルそのもの。

-MINOLTA TC-1 KODAK GOLD400 平塚にて-

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 24, 2004

言葉遊びと韻

 また朝日のネタ。

「おやじギャグ」、子供が夢中 アニメが火付け役に - asahi.com : 社会

 もう、おやじギャグって言うなよ。駄洒落じゃねーか。
 記事の中でも触れられているが、駄洒落というより、韻の踏み方が見事。マザーグースとか、ボブ・ディランの詩にも匹敵するのではないか。すいません、言いすぎです。

 でも、こういう言葉遊びの言葉自体が、ビートを持ってくると、やっぱり言いすぎとは言えなくなって来るね。昨今のラップの影響も、追い風なのかもしれない。
 「ゴキブリの動きぶり」なんて、語感だけでも面白いもん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2004

猫コウ3

kou3neko 前の約束通り、猫写真の3つ目。タイトルは、すごく分かりにくい駄洒落。
 この間は颯爽と歩いていたネコでしたが、寒かったのでしょう。とっとと降参して、じゃれついていました。
 無防備過ぎ・・・。

-MINOLTA TC-1 KODAK GOLD400 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2004

ソフィーにかけられた呪い

 宮崎作品なので、映画の好きな日本人なら観に行くでしょ。「ハウルの動く城」。
 提供がハウスなのは、駄洒落なんですか?凄く気になるんですが、そんなこと気にするのはワタシだけか?

 絵も音楽も、素晴らしく美しいです。ネットに溢れている感想は、ストーリーが薄っぺらだとか、盛り上がりに欠けるとかありますが、絵と音楽が良ければいいじゃん。それに、ストーリーは重厚だったと思うけどね。カタルシスを排した意図は在るかも知れませんが。

 ネタバレになるのもアレなので、プロットについては、あまり色々語れませんが、一個だけ書かせて下さい。

Continue reading "ソフィーにかけられた呪い"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2004

木漏れ日しだれて(こうさぎ)

きのうは朝日新聞がここにブレしないです。
まずはきょうバンビィがここでストーンズしたいです。
まずは朝日新聞で、菓したの?
まずはきょうバンビィが記入したの?
まずはバンビィはLOMOしたかもー。
まずはきょう朝日新聞で、猫に-したかったみたい。
bariは、

 なんという日本語だ。
 それはともかく、枝垂桜である。
池の鯉が餌をくれると思っ

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「バンビィ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もっとも偉大な500曲

 11月20日の朝日新聞のコラム天声人語にて、ストーンズやビートルズ、ディランが語られた。そういうのって、珍しいことじゃないのかな?ま、彼らそのものを語ったのでははくて、ローリング・ストーン誌で発表された、「もっとも偉大な500曲」についての話だけどね。
 興味のある方は、以下のリンクをどうぞ。

RollingStone.com: News - 500 Greatest Songs

 ふーん。
 曲の価値っていうのは、聴く人が楽しめなかったらその人にとって何の価値も見出せない、個人的なものでもあるから、感想はそれぞれなんでしょうが、順位には、社会や風俗にインパクトを与えた曲の比重が感じられるような気がします。
 ま、そんな順位の分析なんかはどうでも良くてね、もう忘れてしまっていた曲とか、「ああ、久しぶりに聴いてみたいな」っていう気持ちで、つらつら眺めていると楽しいですね。

 オマケで、過去に発表された同じくローリング・ストーン誌のもっとも偉大な500アルバムを。

RollingStone.com: The RS 500 Greatest Albums of All Time : News

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2004

もみじ その2

momig2 前に言った約束通り、おなじ場所をTC-1で撮る。
 クリックすれば違いは歴然。TC-1にはフラッシュも付いているしね。
 苔の詳細まで綺麗に撮れておりますが、これはもう好みの問題でしょう。ここまで明細に撮れると、もっと色々欲が出てきて、もう一味入れたくなったりするんです。ただボンヤリ写っていると、印象だけが強烈に残る。どうしたいかは、好みですよねえ。
 ちぃと野暮天でしたが、写真を楽しむということは、そういうことなんだと。

-MINOLTA TC-1 KODAK GOLD400 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2004

もうそんな季節かぁ

 年末調整の緑色の記入用紙とか見ると、思うよね。そんな季節かと。

新語・流行語大賞

 今年の流行語大賞に選ばれるのはなにか?を当てるページです。そんな季節かぁ。
 なんだと思う?「セカチュー」と「韓流」は堅いんじゃないかな?
 ワタシは今年、熱かったのがオリンピックでしたね。例年に無く、よく観ました。別に、メダル期待!!みたいなものでもなく、選手の名前もよく知らなかったんだけどね。
 周りの人間もそんな感じで、みんなで酒のみながら、今年はよく見たよぉ、なんでかわからんけど・・などと、盛り上がるというか、首をひねっておりました。変なヒト達ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2004

そういえば、大声大会

 まずは芸能ニュースから

松ちゃん「プロポーズの言葉」考えた! - nikkansports.com > 芸能ニュース

 なんということはない、ニュースですね。ダウンタウン松本というキーワードは、気を惹かれますが。

 そんな記事を読んでいたら、ふと、友人が通りがかりに参加したという、大声大会のハナシを思い出しました。
 文字通り、声の大きさを測定器により測って競い合うもので、何を言っても良いとのことでした。
 友人は「どわーっ」とか意味の無い奇声を張り上げて、そこそこの順位を上げたのですが、やっぱり、何か意味のある一言を叫ぶ方が、効果的だったと言います。「バカヤロー」とか・・
 そんな中、一位を撮ったのは、50を過ぎた赤ら顔の小柄な小父さんだったそうです。その人の言った言葉は、「すきだー!」

 ちょっといい話じゃないですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2004

猫写真2

doudoucat1 前にアップした猫とは別の猫。
 公園内の道であるが、実に堂々とした歩きっぷり。もう少し大きなサイズでアップしたかったな。
 やっぱり、こっちを見てないでしょ。こっちに感心アリアリなんだけどね。
 実はこの後、意外な展開になっていくのですが、もったいないので、今日はこの辺で。
 その3、その4と続き物でお送りします。お楽しみに。

-minolta tc-1 kodak gold400 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2004

壁の写真その2

lokabe2  前にアップした記事と同じ壁です。
 LOMOで撮ってみたんだけど、あんまり変わりはなかったので、角度をつけて。
 草木の枝が、壁のヒビの様に見えて、面白いかなと。

-LOMO LC-A Fuji Superia X-TRA 400 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2004

遊びまくる週末

wolfg.jpg 濃厚な土曜日を送る。初台の展覧会に行って、渋谷で友人のliveを見た後、更に新宿のロックバーというナウなnightlife(ココ、笑うトコロです)。もうよい歳なので、草臥れ果てる。にちようびは、温泉サウナ・マッサージ・テレビで大河ドラマというオッサン生活だ。史実で知っていることとはいえ、あのドラマの源さんが死んでしまうのは、悲しい。マトリクスみたいな見得はいらなかったけど。

 さて、展覧会は、ヴォルフガング・ティルマンス展 Freischwimmerというやつで、昨今注目を浴びていますね。
 この人肩書きをよく見ると、写真家じゃなくて、コンテンポラリー・アートになっていて、ああやっぱりそうだよなぁ、なんてひとりごちたりするんですが、展示されている写真は、ポートレート、静物、俯瞰風景、抽象写真と多岐に渡り、展示の仕方も、インクジェットで印刷したやつをそのままクリップで止めたり、プリントをテープで直に貼ったりと、なんでもアリのムードでした。
 ワタシはこの人の静物写真がとても好きなのですが、先に書いた様々なテーマのモノが、一見ランダムな様に見えて実は関係性を持ったように、上といわず下といわずバラバラに貼られていて、壁全体で何かを表現しているような展示方法で、写真一枚一枚を鑑賞するのとはまた、違った鑑賞方法が出来る仕組みになっているのが、楽しかったです。
 こういうのを観て、勇気をもらいますね。ワタシももっと写真を撮ろうと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2004

Astronaut(Duran Duran)(こうさぎ)

bariの、TCされた!
だからきょうはアグファするつもりだった?
だからbariで、ウルトラみたいな?された!


*このエントリは、こうさぎの「バンビィ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

甘そー

ohanab いえね、すんごくカラフルで濃い目の色合いじゃないですか。だからさ。

 昔のお菓子ってカラフルなものほど甘かったけど、今はどうなのかね?あんまり食べなくなったから、ワカリマセン。

-MINOLTA TC-1 AGFA ULTRA100 厚木にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2004

王道を行く

gotiba そんなたいしたもんじゃないです。
 日陰に行くと、ブレてんのかピントが甘くなるのか、ご覧の通りのLOMOです。TC-1ならいつでもシャープに決まるのでしょう。今度そういう写真を撮ってくるね。
 でもさ、シャープだけでいいかっていうと、それもまた別で、これはこれでもイイのかなって気になります。
 苔生した地面に重なる紅葉が綺麗です、という印象が残れば合格。

-LOMO LC-A Fuji Superia X-TRA 400 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2004

LC-Aの逆襲

lomorose1 この写真はTC-1ではなく、LOMO LC-Aで撮った。先日からアップしているTC-1の写真と、とても似たニュアンスを持っている。
 かねがね口を酸っぱくして言っている事であるが、LOMO自体、そんなに性能の良くないカメラではないし、変な効果が必ず得られるわけでもなく、極めてちゃんとしたカメラである。壊れやすかったり、初期不良が不思議でなく出たりするのは、ご愛嬌かもしれないが。

 普通に写せば普通に撮れるし、凝ってとろうとすれば、そりゃ言うとおりに撮れるでしょうよ、というハナシである。
 たまに、LOMO LC-Aで撮ると、どんなものでも面白おかしく撮れるんじゃないかと思っている人がいるが、それは間違いですよ、と言っているのです。面白おかしく撮れるのは、撮った人のセンスなんだって。
 それじゃ、どうしてそんな普通のカメラが持て囃されているかというと、やっぱり普通じゃないポテンシャルを隠し持っていて、それが何気ないところで表面化するからでしょう。それとルックスがクラシックな感じで良いっていう理由もあるけどね。

 コツはとにかく沢山撮ることである。数を打てば、偶然でも当たるという考え方が流れているのは事実ですが、持つ人の生活習慣から、その人の個性が結晶化していくというプロセスなんでしょうね。
 やっぱり一般的なスナップカメラのコツと同じなんですよ。何が撮りたいかハッキリ決める。一歩でも踏み込んで撮る。

 LC-Aのポテンシャルのハナシに戻りますが、決まった時のピントのキレは、ぞくっとするものがありますね。こういう明るいトコロで撮ると、絞りもぐっと絞られたものになるし(絞りが絞られることでピントの合う距離が長くなるのです)、シャッタースピードも速いんだろうから、ブレも少なくなるし、被写体の発色も良くなる。今回は、よい条件が揃ったということでしょう。
 この発色はたまらないですね。あと、背景のボケにも味がある。トンネル効果となっている空の青さも、グラデーションとして綺麗だし、定価で5倍以上するTC-1に負けてないんじゃないかと思いますよ。いつも同じように撮れるわけじゃないですが。まぁ撮影者のコンディションが一番左右するところでしょうと。
 フィルムはFUJIのSuperia。これも極めて普通。っていうか、ワタシはあまり使ってないね、コレ。やっぱり舐めてちゃいけないの?でもKODAKが腐るほどあるんだもん・・

-LOMO LC-A Fuji Superia X-TRA 400 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2004

秋のウルトラ

akimatu コダックのウルトラカラーを試した後に、アグファのウルトラを見てみようと、TC-1に詰めてみた。出来てきたのがコレ。
 昔の絵葉書に、こういうのよくあったよな。誓っていうが、レタッチはしてないよ。サイズを変えただけで。TC-1が凄いのかウルトラが良いのか、天気が良かっただけ?
 でもなんとなく思ったのは、ラボの腕前なんじゃないかと。あそこは良いよ。ラスカの2階(ご当地の人間じゃないと何処だかワカランな)。
 よいラボを見つけておくことは、大事だよね。

 しかし、オッサン丸出し写真でんな。松の葉陰の通行人が退くのを待って居られないし・・。

-MINOLTA TC-1 AGFA ULTRA100 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2004

木漏れ日しだれて

sidaremizu なんという日本語だ。
 それはともかく、枝垂桜である。池の鯉が餌をくれると思ったのか寄ってきて、揺れた水面の模様が綺麗である。
 来年は、花を咲かせているときに撮ってみたい。秋は木の葉を散らすので、こういう光景は一瞬だし、花の時期も同じだ。
 四季を撮るのも楽しい。

-MINOLTA TC-1 KODAK UC100 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2004

Astronaut(Duran Duran)

duran.jpg デュランデュランの新譜。80年代が流行っているからか、なんなのか、多分これもよく聞くことになるね。
 そうか!と思ったのは、あの頃を彷彿とさせるシンセの豪華な音が、あまり古く感じないのは、この音が、あの頃の流行だったってよりは、彼らの個性だったんだな、ということですね。そんな事わかってたって?そうか・・。
 俺、個人的には、すぐ飽きそう・・というか、なんとも思わなくなりそう。良く出来すぎたデザインみたいなもので、普通に受け入れられてしまって、ある時期を過ぎると心に引っかからなくなる。で、忘れた頃に聴くと、ああ懐かしいってなるような、そんな感じ。
 80年代に流行った曲って、みんなそんな感じだったんじゃなかろうか?だからネタとして通じるんだよね。忘れたところを引っ張り出してきて、わっ懐かしいって言わせる。やっぱり良く出来ていたんだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2004

友人LIVE巡り

 この週末も、友人のライブ巡りでした。
 渋谷の7TH FLOORで行われたNATURAL POISON CHEMICAL MEDICINEは、女性ヴォーカルの3組が集う企画モノで、よかったッスよ。みさこさん、マスイちゃん。MICKEY T.さんにはちょっとハマリそうだったです。
 で、次の日が目黒のLIVESTATIONで、レッチリとハードロック。久しぶりに気持ちのよいハードロックを聴きました。最近は大抵、うるさいと思うんだけどね。そうじゃなかった。
 こうして、色々な友人から、いろんなことを教わっていくんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2004

何でもないものをカッコ良く撮りたい(こうさぎ)

きょうbariで、レコーディングしたいです。


*このエントリは、こうさぎの「バンビィ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2004

キリンのように!

tewokirin えーっと、昨日のつづきです。
 高いフィルムを買ったので、秋らしい鮮やかな写真を撮ろうと公園に行ったのですが、いけないものが目に入ってしまいました。いかなるときでも、シャッターチャンスを逃すわけにはいけません。撮りました(泣)。是非、拡大して見て下さい。
 なんでこんなものを撮ってるんだ。貴重なフィルムなのに。kodak gold400なら腐るほどウチにあるのに。

 ま、愚痴はともかく、つっこみどころ満載の写真ですね。
 まず最初に確認しなければいけないのは、「どうやって読むんだよ?」。絵にインパクトがありすぎて、どこから読めばいいのか見失ってしまいます。「キリン」は読むべきなの?読まないと意味が通じないから、まぁ読むんだろうね。
 「手をあげて キリンのように たかーくね」か、「たかーくね キリンのように 手をあげて」どっちでもいいか・・・

 一番つっこんでやりたいのは、そんなに高く手を上げて、どうするんだ?ということですな。いつ上げるんだよ?今か?公園の広場で遊んでいる今なのか?

 それと、この手。どうなってるの?服なのか?服の左袖がそうなっているのか?そして、君は何処へ行こうとしてるのか?

 謎は深まるばかりだ。

-MINOLTA TC-1 KODAK UC100 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2004

KODAK UC100

rrose1 相変わらずネガ・カラー。コダックのウルトラ・カラー100っていうフィルムを見つけたので、使ってみました。
 巷では有名になった、アグファのウルトラに対抗しているんでしょうね。感じがそっくりになってます。
 でも、アグファより高いです。BICカメラで600数十円。アグファが500円代だったから、100円近くも高いねぇ。
 んな写真とってるんだったら、ポジにしろよ。

rrse2 この写真、バラにフォーカスが合ってないでしょ。こういう至近距離だと、TC-1ってシャッター切れないんだよね。実は縦位置で撮って、トリミングしました。
 ホントなら、このバラの後ろに可愛いモデルでも置いて撮れればプロなんだけど、そうはいかねぇんだよ、人生はよ。
 でも、この色でトロトロに溶けた赤いバラもステキかな?と。

-MINOLTA TC-1 KODAK UC100 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2004

もうわかったよぉ Live Licks(Rolling Stones)

llicks.jpg (~前日から続く)そうそう、それでこの前観た最後の外タレがストーンズだったってハナシ。
 そのツアーのライブ・アルバムが出ました。ま、熱狂的なファンのワタシではありますが、今更ながら出たという感じは否めないですね。とっても仕方なく買った感もあります。タイトル通り。

Continue reading "もうわかったよぉ Live Licks(Rolling Stones)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2004

コンサート見てないなぁ

step そういえば、音楽モノのコンサートを最近観ていないなぁ。
 いや、プロのライブを観てないんだよね。知り合いのバンドには足を運んだりしてるんだけど。
 近頃ホールに行って見るものって、漫才とか落語ばっかりだったからなぁ。

 LOMOの広角レンズ具合が、凄くよく判る一枚ですね。階段の手前なんか、とてつもなくひん曲がって見えます。

-LOMO LC-A AGFA VISTA 400 東京厚生年金かに缶(間違い)会館-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2004

K・リチャーズが出演承諾だって!

 前にちょっと書いていた、 キース・リチャーズに映画出演オファー!?という記事ですが、なんと実現しそうです。

DynamiteTV【海外ボツ!News】
Keef agrees to Pirates role - Yahoo! Movies

 えーっと、KEEFっていうのは、キース・リチャーズの愛称です。
 ファンとしては嬉しいんですが、あんまり演技はしてほしくないです。カッコ悪かったら気分悪くなるから・・。
 来年から撮影を始めて、公開は2006年の夏だとか。パート3も同時に撮影するそうです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 01, 2004

ロケンロー

amp 久しぶりに半日スタジオに篭り、バンドリハ。レコーディング以外では、こういうことは珍しい。大体いつも3時間くらいだから。
 ちょっと気合を入れてやろうよ、ということで、曲を作ったり。

 なかなかソリッドなロケンローが出来てきて、疲れたけど、ちょいと充実した日でした。

-LOMO LC-A AGFA VISTA200 吉祥寺シルエレにて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »