« 公園のオブジェ(こうさぎ) | Main | 人体の不思議展 »

October 04, 2004

立川談志 ひとり会~秋三夜~ 10月2日国立演芸場

 談志師匠ひさしぶりの「ひとり会」国立演芸場は、9月・10月・11月と3回行われ、「秋三夜」というタイトル。
 国立演芸場というハコはその名のとおり、落語には丁度良い大きさであるが、チケット取りづらく、10月2日しか取れなかった。それでも取れただけ、ラッキーと言っていいかもしれないですね。

 開場前から国立演芸場につき、1階奥の芝居絵などを見て、ロビーに戻ると何気なく師匠本人が居て、驚く。更に驚いたのは、開演時刻の10分前に、出囃子が鳴り始め、客がまだ席についていないうちから、幕が上がり「今日は早く来たから、早くからやる!」で、全員驚く。気合十分なのか何なのか。
 開口一番、もう数ヶ月前のよみうりホールの話をしていた。自分の演目がメロメロだったというショックもあったろうが、客とのギャップを痛切に感じた一件だったんだろう。なんでもかんでも「ワッ」とウケるのが気に入らないと言う。多分そういったウケ方のものは、薄っぺらに感じるんでしょうね。そういったものを望んでいる客とのギャップを埋めようとして、やっぱり上手くいかなかった、そういうことだったのかも知れません。

 さて、今回は先代の鈴々舎馬風の芸談、モノマネから入りました。前回9月は円生で「包丁」をやったと聞きますので、この「秋三夜」はそういったリスペクトコーナーを設ける趣向なのかも知れません。
 で、馬風のまま「夜店風景」。 つづいて「洒落小町」。中入り後、「つるつる」。
 師匠の「つるつる」は好きなんだ。優しさがあって。色々な本に書いてあるけど、本当は幇間のしくじり話。しかし、談志はハッピー・エンドを匂わせるサゲに変えていて、そこへの伏線として、いかにこの幇間の一八クンが愛すべき人なのかを演出している。まぁ、幇間なんですから、愛される性格でないと勤まらないんですけどね。
 ま、興味がおありの方は、DVDが出ているので、見てみるとよいと思います。

 11月も見たいなぁ・・なんとかなんねぇかなぁ。

|

« 公園のオブジェ(こうさぎ) | Main | 人体の不思議展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 立川談志 ひとり会~秋三夜~ 10月2日国立演芸場:

« 公園のオブジェ(こうさぎ) | Main | 人体の不思議展 »