« 青春ピカソ(岡本太郎) | Main | ゆうひ(こうさぎ) »

October 24, 2004

即興と劇中劇とカットバック「2046」

2046.jpg ウォン・カーウァイの話題の新作。2046は部屋の名前である。クリストファー・ドイルのカメラが美しい、切なくて官能的な映画だ。
 木村拓哉が出演し、カンヌでも話題になったので、テレビでの取り上げ方も頻繁だね。でも近未来のSFではないので、注意するように。

 ウォン・カーウァイについては、台本がない撮影をするということで、色々取り上げられているけど、ヌーヴェルヴァーグ という過去があった今では、取り立てていう程のものではないでしょう。それを香港でやっているという点が、面白いところでありますが。ま、それも何年も前から言われていることなんですけど。
 ロードムービーでないのに、即興演出から、これだけまとまったテーマとストーリーが出来ているのも面白く、尚且つそれをカットバックの手法で時間軸を同時進行の様にしたりしている懲り方が、ワタシを飽きさせなかったですね。「ああ、コレまでの流れは、あそこの場面の説明だったのか!」みたな、パズルをやるノリで。

 劇中劇が、暗示になるのではなく、そのものズバリ、テーマの説明であるところが余韻を引きました。
 思えば、ロードムービーでないと言いましたが、主人公は時間軸を旅していて、それぞれの時間軸で色々な人と会っているという点で、ロード・ムービーの展開といっていいでしょう。そして、その時間軸と別の、小説という劇中劇の中で、全ての答えを出している。でも主人公は時間軸の中に居るままなので、彼の答えは解決しないという事なんです。

 キムタクも頑張ってましたが、チャン・ツィイーが凄いです。主役のトニー・レオンを完全に喰っていて、二人が出ている画面では、チャン・ツィイーが主人公であるように感じてしまいましたね。

 最初に言いましたが、とってもキレイで官能的な映画。デートとかに良いでしょうが、興味なければグゥグゥ寝てしまうでしょう。
 ワタシはもう一回観てもいいかな。

|

« 青春ピカソ(岡本太郎) | Main | ゆうひ(こうさぎ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/1753829

Listed below are links to weblogs that reference 即興と劇中劇とカットバック「2046」:

» 感想として書き入れる『2046』 [bijin.:.moderhythm*]
*ネタバレがありますので、観ていないor興味がない方はこちらへ(しっかり笑いましょう!!)。 ■ペア鑑賞チケットがTV局のプレゼントで当たったので... [Read More]

Tracked on October 24, 2004 at 10:00 AM

» 2046 [シエナブラウンな日々。。。]
昨日、映画「2046」を見に行きました!夜だったせいか、公開二日目にしては空いてるかなー、といった印象。カップルが多いですね。 そうそう、ポスターが全部で... [Read More]

Tracked on October 25, 2004 at 09:18 PM

» 『2046』(4回目) [ぺぺのつぶやき]
『2046』(1回目の感想) 『2046』(2回目の感想) 『2046』(3回目の感想) ネタバレです、注意 映画『花様年華』で愛した、夫のある... [Read More]

Tracked on April 01, 2005 at 12:52 PM

« 青春ピカソ(岡本太郎) | Main | ゆうひ(こうさぎ) »