« 台風直撃中 | Main | 青春ピカソ(岡本太郎) »

October 22, 2004

オマケの悲劇

 会社に入っている自動販売機で缶コーヒーを買ったら、万歩計が当たった。ちょっとうれしかった。
 しかし、缶の飲み口の方に、オマケを収納するキャップが付いていたのだが、これがかなりキッチリと嵌っていて、中々取れない。回しても駄目だし、コインで抉じ開けようとしても上手くいかない。
 結局、会社の備品箱からドライバーを探し出して、なんとか強引に取ったのだが、冷たかったコーヒーはすっかり温くなっていた。

 まぁ、そんなハナシを会社の友人としていたら、「ああ、俺もそうだった。ありゃ取りづらいよね、しかも取らないと飲めないし。そういえば・・」と、悲しい話を聞いた。
 会社に来るまでの道に、同じ販売機があって、その横に、このキャップがしっかり嵌ったままの缶が、捨て置かれていた、というのである。
 きっと、歩く道すがら喉が渇いて、やっと見つけた自動販売機でコーヒーを買ったところ、キャップが堅くて飲めない為、それを捨てて新しいものを買ったに違いない、という見解に落ち着いた。なんという話だろうか?
 もっと悲劇的な想像をすれば、新しいものが買えずにそのまま倒れて、本人だけ運ばれたとか、どんどんエスカレートするぞ。

 まぁ、そんな軽口なんですが、このコーヒーとオマケの紹介ページを探そうと、ネットで検索したら、驚くほど沢山、これにまつわるハナシが引っかかってきたので、代表的なものを紹介しておきます。

ジョージア缶コーヒーについてたノベルティー万歩計はユーザーを愚弄している件について

|

« 台風直撃中 | Main | 青春ピカソ(岡本太郎) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オマケの悲劇:

« 台風直撃中 | Main | 青春ピカソ(岡本太郎) »