« こすもす2 | Main | 奇巌城(逢坂 剛(訳)) »

October 16, 2004

小学六年生

 オトナのネットでこういうタイトルを見かけたら、ロリ?とか思われるかも知れないのが、世知辛い世の中ですが、主題は以下のリンクです。

大人もうなる! 「小学六年生」のディープな韓国特集 | Excite エキサイト : ニュース

 ニュースになる様な事かな?韓流っていうんでしょ?いま流行りの。流行ったっていうか、日本人の視野が広がって、新しい世界が見えたって事なのだと思うのです。

 ま、流行だというハナシは置いておいて、「小学六年生」という雑誌が、極めて真面目で分かりやすく且つ、丁寧な取材で社会情勢の分析が行われているものであるということは、10年以上前から話題になっていました。これは小学生だけに読ませているのは、もったいないぞと。

 オトナの雑誌だと、社会的責任がどうだのと人を揶揄しておきながら、他のページではエロネタでムフフとか、平気でやってたりしますからね。しかもそれが非合法だったりして。
 ま、そこはオトナだから、ある種の必要悪はあるんだとか、本音と建前の世界を分かったものとして編集しているのでしょう。コレに対して、小学生向けには、常に純であるということが、編集として潔く仕事が出来るのかも知れません。

 小学生向けということで、分かりやすい解説が、実は今のオトナの欲している情報だったりするんですよね。新聞読んでもさっぱりワカラン単語とかあるもの。オトナはそれを、前後の脈絡から想像して理解してたりしますが、それはそれで年季の要る技能だとしても、やっぱり間違って理解していたりとかしますからね。

 リンク先でみる表紙に書かれている「最上級生のためのカルチャーマガジン」という触れ込みは、泣かせてくれますね。そーか、カルチャーマガジンだったんだ。未だに付録は付いているのか?歩くレッドキングとかのペーパークラフト(歳がばれる・・)。

|

« こすもす2 | Main | 奇巌城(逢坂 剛(訳)) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小学六年生:

« こすもす2 | Main | 奇巌城(逢坂 剛(訳)) »