« 色々 | Main | これでもくらえ! THE WRONG GOODBYE(矢作俊彦) »

September 23, 2004

禁忌の色は美しい ヴィレッジ

 禁忌の色は美しい。何故ならそこには命が懸かっているからだ。甘美な誘惑と取るのか?脅かすものと取るのか?
 映画「ヴィレッジ」の謎は、なんということもない。そんなものだろうと、予告編の時から思っていたら、やっぱりそうだったので、驚きも笑いもしなかった。ナイト・シャマラン監督は「シックス・センス」からそれを上回るものを作れてないよ。ガラスに映った彼の顔を確認するまでもなく、「ここでカメオ出演するだろうな」とまで分かってしまったし・・。
 でもこれを、スリラーとしてでなく、メロドラマと見るなら話は別。またしても盲目の少女が出てくる。彼女は闇の中に光を見出すことが出来る、という表現にいたく感動する。女優陣の演技がとてもよい。プロポーズのシーンも胸に来るものがあったね。
sekaimurakami.jpg この村がどうなっていくのか、批判めいたものは存在しない。ワタシは幸せそうに見えたよ。ルールの中に生きることは、宗教の中に生きることと似ているし、それもいいでしょう。村上春樹の小説を思い出した。やっぱり禁忌の色は切ないよ。

|

« 色々 | Main | これでもくらえ! THE WRONG GOODBYE(矢作俊彦) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 禁忌の色は美しい ヴィレッジ:

« 色々 | Main | これでもくらえ! THE WRONG GOODBYE(矢作俊彦) »