« リアルな空気感と色 Uncommon Places: The Complete Works(Stephen Shore) | Main | ロックンロールサーカスDVD化 »

August 10, 2004

一気読みしてしまいます 犯人に告ぐ(雫井脩介)

hanninni.jpg 雫井脩介という人は初めて読みました。ミステリですね。おもしろいですよコレ。
 劇場型捜査っていうんですか、TVメディアと警察が結託して犯人を追い詰めるという発想なんですが、犯人と追う者のせめぎ合いというよりは、主人公の捜査官とマスコミ・世間との戦いという方に比重がかかり、謎解きというストーリーではないですが、キャラクターも適度にビジュアル的で、エンターティメントとしての面白さが満載されていました。
 ハードカバーの厚い本なんだけど、一気に読んでしまった。テレビドラマ的な展開だよね。映画にしたら地味かもしれないけど。

|

« リアルな空気感と色 Uncommon Places: The Complete Works(Stephen Shore) | Main | ロックンロールサーカスDVD化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/1165622

Listed below are links to weblogs that reference 一気読みしてしまいます 犯人に告ぐ(雫井脩介):

» 実力派の新作「犯人に告ぐ」 [NUGNUG]
 2段組、367ページの大作だが、読者を飽きさせることはない。雫井脩介著「犯人に [Read More]

Tracked on November 18, 2004 at 08:48 PM

» 犯人に告ぐ 感想 [たあさんの部屋別館
~本の部屋~]
では、雫井さんの「犯人に告ぐ」感想を。 「犯人に告ぐ、今夜は震えて眠れ」 帯に [Read More]

Tracked on December 20, 2004 at 04:15 AM

« リアルな空気感と色 Uncommon Places: The Complete Works(Stephen Shore) | Main | ロックンロールサーカスDVD化 »