« July 2004 | Main | September 2004 »

August 31, 2004

くいのないように

zaimoku タイトルに意味なし。
 大型台風が来てるのに呑んだくれてて、バカみたいに遅く帰宅。
 今日はもう寝ます。

-MINOLTA TC-1 KODAK GOLD400 HIRATUKAにて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2004

子供も大人しく見ることの出来る深い映画 忍者ハットリくん THE MOVIE

 観て参ったでござるよ。伊東四朗に「ニンニン」と言わせるところがニクイ。主人以外の一般市民に姿を見せてはいけないハットリくんを認識する最初の一般市民が、盲目の少女であるところが凄い。その盲目の少女の趣味が「絵を描くこと」であるところが深い。NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIEです。

Continue reading "子供も大人しく見ることの出来る深い映画 忍者ハットリくん THE MOVIE"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2004

談志ごのみの芸人大全 よみうりホール

 談志師匠が「若いので面白いのが見てみたいな」という言葉を聞いて、高田文夫が集めたという4組の芸人のステージを観てきました。進行は当然、高田文夫。コメンテイターが談志師匠。そして、集められた4組は以下、という豪華な内容。
 

Continue reading "談志ごのみの芸人大全 よみうりホール"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 28, 2004

サーファー

surfer ぼちぼち夏休みも終わりなんでしょ?もう秋だっていう話も昨日でたので、夏らしい写真を今のうちに放出しておこうということで、海・サーファーです。
 昔はサーファーっていうと不良のイメージだったんですが、今はどうなんでしょ?体育会系爽やかムードなんですか?
 ワタシの高校生時代は、学校に居るいわゆる不良っぽい人種は、暴走族・サーファー・ミュージシャンという3種のカラーがあって、何故かこのうち二つ以上が混じると嫌われるというか、モテなかったという記憶があります。暴走族でサーファーっていうのもなんだかピンとこないですけどね・・・

-ROLLEI35S KODAK HD400 HIRATUKA海岸にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2004

少し秋の気配かな

fuwafuwa 関東地方は、若干涼しくなってきたんじゃないでしょうか?虫の音が秋を告げているような感じです。
 そういえば、このごろは山とか林にいかないのでアレですが、ヒグラシの声を聞くと、もう夏も終わりだなぁという気になるんですが、聞ける様なトコロへ足を伸ばしたいなぁ。
 ワタシの大好きな被写体のヒツジも、この夏は大変だったろうね。今くらいになると、このフワフワ感が可愛く思えますが、猛暑の中で見たら、暑苦しかったもん。

-MINOLTA TC-1 KODAK GOLD400 HIRATUKAにて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2004

お散歩カメラ

uolump 大量に生フィルムを貰ってから、外出時は大抵TC-1を持っている。俗に言う「お散歩カメラ」である。
 小さいカメラはホールディングが難しく、ブレたりしがちなので、こうやって頻繁に使うことで慣らしていこうという考えでもあるが、だんだん慣れて来たかなぁと思っている。
 でも、徹底的瞬間とか見知らぬ人を撮るときは、あせってしまって、もうひとつ良い写真を残せていない・・・まだまだ修行。

-MINOLTA TC-1 KODAK GOLD400 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2004

まだパワーダウンすることは無いだろうが はねるのトびら3

haneru.jpg CX系列の深夜枠、若手のショートコント集というのは、「夢で逢えたら」にしても、「 とぶくすり」にしても、後に土曜・日曜のゴールデンに進出するくらい、大化けしてるよね。
 「はねるのトびら」は3匹目の泥鰌というところでしょうか?文句なしに面白いと思って、観ています。
 DVDも3作目が出ましたが、買ってしまったよ。でも、2作目までの方が面白かったなぁ。もうキャラクターが出来上がり過ぎていて、不条理でなくなって来ているんだもん。慣れてしまって来たから、意外性がなくなったっていうのか、ワタシの笑いのツボではなくなって来ているものが、集められている気がします。要するに、キャクターがきちんと立ったものを統計的に見せて、安心させようという狙いなのかな?と。
 ぶちぬけている不条理ギャグを目指しているんだけど、どこかで安心を買おうとしている。吉本にあるような、キメぜりふ的ギャグの様に、来るぞ、来るぞと言って、やっぱり来るギャグとも違うんだよな。そういう意味では、どんなシチュエーションでも、虻川の恐怖に慄いた顔とかは、いつでも最高に面白いんだけど、今回のは、なんだかもうひとつでした。
 でも、TVシリーズをたまに観て、落ちてきたなとは、ちっとも思わなかったから、多分、今回のDVDの作りがもうひとつなんでしょう(辛いねぇ、相変わらず)。
 関係ないけど、「夢で逢えたら」はもう一回みたいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2004

メロンの味(こうさぎ)

きのうBAMBIEが、LOMOしたかもー。
きょうBAMBIEは、ストーンズしたかったみたい。


*このエントリは、こうさぎの「BAMBIE」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

皿屋敷伝説

okiku.jpg 平塚の駅のほど近く、繁華街に囲まれる公園の中に、お菊塚という碑がある。
 立看板によると、その昔、平塚の宿場役人の娘「お菊」が、江戸の旗本青山主膳方へ奉公に出たが、そこの家来に見初められたが靡かなかった腹いせに、揃いの皿を隠されその罪を押し付けられた上、手打ちにあって、その亡骸は長持ちに入れられて故郷に帰ってきた、という悲しい伝承が書かれている。
 伝承には化けたとか、呪いとかそういう文句はひとつもないが、話の内容は、皿屋敷そのものである。立看板にも、番町皿屋敷のモデルとなった話であると書かれているが、実はこの皿屋敷と言い伝えられる話、全国で約48箇所で、類似したものがあるという。

Continue reading "皿屋敷伝説"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2004

王子様VS巨人は当然、王子様の勝ち?

まずは、以下のリンクから

2ちゃんねるベストヒット: 民放全局スポーツ番組放送中!

凄いっすね。オリンピック盛り上がっているし全局スポーツやってるよ、ってテレ東の「テニスの王子様」ってのがオチのはずだったんだけど・・以下のリンク

史上最低…巨人 アニメに負けた

二段オチなんて高度なテクニックを使うんですね、最近は。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

August 22, 2004

メロンの味

melon7 カキ氷といえば、メロンが好きだ。色合いが爽やかなのと、くどくない甘味がよい。
 しかし、あのシロップの味は、明確にメロンか?というとそういうことはなく、また色にしても然りである。要するに、あのメロンシロップというのは、メロンのイメージをデフォルメしたものなのだ。
 ラーメンとインスタント・ラーメンを区別し、それぞれの美味しさを求めるように、氷メロンもまた、メロンとは非なるものの味があり、ワタシはそれが好きなのである。
 しかし、昨今のカキ氷というのは、シンプルさを欠いて、ゴテゴテとフルーツを飾ったり、練乳をかけたりした、ゴージャスさを売りにしだした。そこまでは、まだ許せていたのだが、メロンシロップの味すらも、「夕張メロン」のごとき凝ったテイストが登場するにあたって、ワタシの好きだったメロンと非なるメロンシロップ味が廃れてきているのだ!
 これはいけんよ。俺はあの味が好きなのに・・ラーメンでいうと、凝った本物志向のインスタントラーメンが、出前一丁やチキンラーメンやサッポロ一番を駆逐するようなものじゃないですか。
 似て非なるものの味も、また文化。音楽とかにも言える事なんだけどね。なくなって欲しくないな。

-LOMO LC-A KODAK GOLD400 平塚ビーチパークにて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2004

ガーリー写真

morin4 TC-1の習作が続いて、シャープ目な写真が多かったので、バランスとってLOMO LC-Aを。
 ピンボケの味は、対象をモノと捉えるより、印象と捉える働きがあるような気がします。何をガーリーというかという定義づけは、ワタシ、よくわからんのですが、ニュアンスはこうです。逆に、男の子はディテールに凝ったりするので、シャープな感じの絵になるのかなぁ?

-LOMO LC-A AGFA VISTA200 渋谷にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2004

朗読CD 新選組血風録を読む(立川談志)

sinsenepu.jpg 流行モノという認識というよりは、私自身が今回の大河ドラマ「新撰組!」好きなんですよ。面白くないですか?あれ。佐藤浩一の芹沢鴨なんて最高だったじゃないですか。悲しさ故の粗暴さ。沖田に斬られたかったんだよ、あれ。って語りたくなるもの。藤原クンの沖田もたまんないですし、土方も山南も、今、新撰組をやるならこの人しかいなかったろうというキャスト。はまってます。
 そういう自分の中の時流があって、談志師匠の朗読で、司馬遼太郎作「新選組血風録を読む」なんてCDを見つけたら、聴かずにいられなくなりますね。演目は、 芹沢 鴨の暗殺 「土方歳三編」、虎 徹 「近藤 勇編」、菊一文字 「沖田総司編」となっています。
 談志師匠のネタは、古典落語にとどまらず、講談・講釈からも演目があったりしますから、こういった小説の朗読も講釈師の要領で、「芸」として聴くに値するものだと思います。人の会話から、畳み掛けるように語られる緊迫した場面まで、聴いているこちらが、ココロ躍るようです。
 談志師匠は土方のファンのようですが、原作が良いのか菊一文字にとても惹かれましたね。ドラマとして面白いからなんでしょうが。
 こういうの、ナマで聴いて見たいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2004

くっきり夜景

yoruna 真夏の日差しに400のフィルムの扱いに四苦八苦していたワタシですが、感度設定を変えてみればよかったのかなぁと、思うこの頃。この次試してみようかと思っているが、秋の予感。
 涼しいのも結構。夜景は400だあね。夜景はLOMO LC-Aもピンボケ具合ヨロシで、切ない写真が撮れるが、こういうくっきりしたやつも、たまに見るとハッとするココロよ。

-MINOLTA TC-1 KODAK GOLD400 OCSにて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2004

ご近所探索(こうさぎ)

BAMBIEは公開しなかった?


*このエントリは、こうさぎの「BAMBIE」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

路地裏写真2

nagasi 前に路地裏について語りましたが、2回目の路地裏写真。
 もう使われてない「流し」。路地裏だからこそ残っていたのか?こういうタイル貼りのナガシって、そういえば見なくなりましたね。
 写真的技巧が何も無いのが、すごく恥ずかしいです。いつもそうなんだけど・・

-MINOLTA TC-1 KODAK GOLD200 HIRATUKAにて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2004

忘れえぬ日のモーニング・ムーン

monigm.jpg こんなの出てたなんて知らなかったよ。懐かしいネェ。81年に公開された映画「モーニング・ムーンは粗雑に
 何で話題になったかというと、桑田佳祐が音楽監督をやって、全編サザンの曲が流れるというところなのですが、横浜を舞台にして小道具にも凝ったハード・ボイルドタッチ(渡瀬恒彦が主にそうだっただけだけど・・)の映画は、当時高校生だったワタシの心を切なく掴んだのでした。舞台と小道具が矢作俊彦っぽかったし、高樹澪とか可愛かったし。この頃ATGをはじめとするマイナーな日本映画をよく見に行っていたのよ。話自体は地味ですよ。お金もかかってないし。今の日本映画を思い浮かべて、あまり期待しすぎないように・・。
stetai.jpg サザンのアルバム「ステレオ太陽族」がこの映画のサントラみたいな位置づけになるんですが、それまで「いとしのエリー」とかでも心動かなかったワタシが、この映画とアルバムで、桑田に入れ込むことになったのでした。でも未だにサザンの一押しアルバムはコレなんだよな。
 友人に誘われるとサザンのコンサートなどにも行ったものですが、彼らは未だにこの頃の曲をやるじゃないですか。シングルカットしてない曲でも。観客は皆若い人たちが多くて、この頃のアルバムなんてリアルタイムに聴いていなかったに違いないのに、みんな歌えるのが凄いなぁと感心していたのですが、よーく考えると、ワタシ自身もローリング・ストーンズの昔の曲をリアルで聴いていなかったのに、歌ったりしているわけですから、いつの時代だってマスターピースになりうる音楽は、老若男女を問わず歌い継がれるってことなんですね。また、そうであるからこそ、リアルで聴いていたということは、偉くもなんともないって事なんです。よくいるじゃないですか、「俺はあの頃から聴いていたんだ」って威張ったりする奴が。その頃のライブを見ている人には、「うらやましい」という気持ちは沸くけど、偉かぁないですね。なんだか勘違いして、自分でもそういう気持ちになることがあるのですが、そこは気をつけないといけませんな。
 映画に限らずライブフィルムでも、最近はマイナーな旧作が出てくれるので嬉しい限りです。温故知新ということで、その頃の切ない気持ちを取り戻して、新しく瑞々しいものを作って生きたいなぁと思うわけです。(イイ子になりすぎかぁ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2004

今度はチャーリー

ライブアルバムのリリースが近いローリング・ストーンズですが、今度のニュースも健康ネタ。

R・ストーンズのチャーリー・ワッツ、喉頭がんで闘病中

もうコレが最後だからとにかく聴いとけ、と言わんばかりの宣伝なんじゃないかと勘ぐってると、おっかない人達に吊るされますよ。
いつまでも元気でいてねと、暖かい言葉をかけたいです。

しかしウチのバンドも年食ったメンバばかりだから、昔はロックの事とか女の事とか語ってたものですが、最近の話題は「健康」だもんなぁ。若いウチは若輩である故の弱さ、年行くと健康というハンデを背負って、みんな戦っているのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2004

暑い日が続きます

summer タイトルそのままです。冷たいものの取り過ぎには、くれぐれも注意下さい。でも水分補給をしないと、熱中症とかにやられますよね。どーすりゃイイんだ?
 ウチでは最近、熱いお茶を飲んでます。これが健康の秘訣!なんて事はあまり思ってないんですけど・・。
 近頃ペットボトルとかで売ってる冷たいお茶って、香料が入っているのか、なんだか不自然じゃないですか?なんだか気持ち悪くなったので、お茶は熱いのに限るなぁと思っているこの頃ですわ。

-ROLLEI 35S KODAK HD400 平塚海岸-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2004

単に木の根っこ

nekko ちなみにこれがその写真。って言っても、昨日の記事読まないと、なんのこったかワカランね。
 しかし凄く似てはいないよな。木の根っこを撮ったって共通点だけだ・・。サイレンすらも聞こえない。

-MINOLTA TC-1 KODAK GOLD400 HIRATUKAにて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2004

プロフェショナルなクロさと、詩人的アマチュアイズム SOSが鳴ってる(麗蘭)

reiran.jpg 元「RCサクセション」の仲井戸麗市と、元「ストリート・スタイダース」の蘭丸のユニット「麗蘭」の13年ぶりの新譜です「SOSが鳴ってる」。
 聴いて驚いた。ガーン。RCじゃん、コレ。13年前の1作目は、お互いのバンドが絶頂期だった頃で、マニアックなギタリスト同士がウチコミをバックに、お互いのギタースタイルをマージさせた詩的純度の高いものでしたが、今回はギタースタイルのみならず、フェーバリットな音楽を総合的にマージさせて、バンドサウンドとして上げてきています。このバンドサウンド加減と、アメリカのブラックミュージックの「ファンキーさ」「キャッチーさ」加減が、RCサクセションにそっくりだと思ったのです。

Continue reading "プロフェショナルなクロさと、詩人的アマチュアイズム SOSが鳴ってる(麗蘭)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2004

ご近所探索

numrock 夏バテしてませんか?ワタシは駄目です。もうだめだぁってタイミングで夏休みをとりました。休めてよかったけど、ホントに体を休めるだけのもので、特に予定は組んでなかったですワ。この隙にバンドのリハとか、新曲作るとかは入れてるんですけど・・。
 写真もね。こういうだだ暑い日が続いていると単調になってしまうのかなぁ・・。まず空に表情が無いもんね。もうちょっと面白い雲とか出て欲しいし、昼は灼熱の太陽でって感じですが、この機に普段近寄らない近所の探索をして、変なもの撮ってみようかと。
 これも説明がないとシュールな写真だなぁ。山水みたいに石が並んでて、番号がふってある。
 実はコレ、近所の博物館の庭で、石のサンプルが並んでるんですね。何番は花崗岩であるとかそういう事。
 物事が記号化されると、その記号の約束事の上に意思の疎通を成り立たせるワケだけど、その約束事を無視したり、理解出来ないでいると、最初とは違った方向性の意思を受け取ってしまうという例ですね。

-MINOLTA TC-1 KODAK GOLD400 HITATUKAにて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恐るべきトイカメラ スメサンゴ(こうさぎ)

きょうはストーンズしなかったよ。
きょうBAMBIEはNしたよ♪
bariは、

 いつかも言っておりましたが、トイカメラの定義はちゃちくて安いというトコロにある

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「BAMBIE」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2004

ロックンロールサーカスDVD化

 今更なんですが、ストーンズの主催したロックンロール・サーカスがDVD化になるそうです。

ローリング・ストーンズの伝説的な作品がDVDに (MTV)

rockns.jpg まだDVDなってなかったんだね。既にビデオ・CDでは発売されていて、ビデオの方はもうあまり売られてないみたい。
 ロックが好きな人は是非観て欲しい作品ですね。ストーンズとしては、ミックの鬼気迫るパフォーマンスと朦朧としているブライアン・ジョーンズ(翌年死去。ドラッグが原因と言われている。)が見ものですが、目玉はジョン・レノンとキース・リチャーズ、クラプトン、ミッチ・ミッチェルのスーパー・セッション・バンド「ダーティー・マック」(このマックは、当時ジョンと仲たがいしていたポールの事だと言われている)。
 しかし、そうした話題作りをはるかに越えて、ジャスロ・タルの演奏がいいねぇ(このときギターはトニー・アイオミ)。更に更にとびきりのパフォーマンスを見せたのはWHOで、このWHOの演奏にミックはビビり、ストーンズの演奏が完全に負けていたので、公開しなかったという説がある。
(ちなみに写真は、CD版です。あしからず)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2004

一気読みしてしまいます 犯人に告ぐ(雫井脩介)

hanninni.jpg 雫井脩介という人は初めて読みました。ミステリですね。おもしろいですよコレ。
 劇場型捜査っていうんですか、TVメディアと警察が結託して犯人を追い詰めるという発想なんですが、犯人と追う者のせめぎ合いというよりは、主人公の捜査官とマスコミ・世間との戦いという方に比重がかかり、謎解きというストーリーではないですが、キャラクターも適度にビジュアル的で、エンターティメントとしての面白さが満載されていました。
 ハードカバーの厚い本なんだけど、一気に読んでしまった。テレビドラマ的な展開だよね。映画にしたら地味かもしれないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

August 09, 2004

リアルな空気感と色 Uncommon Places: The Complete Works(Stephen Shore)

shore.jpg 写真集も買うんです。写真が好きだから。勉強にもなるしね。
 BRUTUSの No.553「BOY'S LIFE」を見て、居ても立ってもいられなくなってさっそく購入したのが、スティーブン・ショアーUncommon Places: The Complete Worksです。70年代初めに撮られたカラー写真は色褪せず、もの凄くリアルな空気感があります。
 この頃、ファッション系以外ではこの人が初めてカラー写真を撮ったんだそうだ。色が凄い。構図がカッコイイ。何気ない70年代のアメリカの生活が興味深く見て取れる。ビニール張りのシートのコーヒーショップとか、駐車場に並んだクルマとか、ビルの建て方とか。
 こういうの、ホントにいいなぁと思うけど、例えば日本の何気ない街を写したとき、お馴染みのコンビニやガソリンスタンドなんかが写ってると、興ざめしたりするじゃないですか。ワタシは日本人だから、知らない街のバタ臭い看板には憧れを持って、いいなぁとか思うけど、この写真をアメリカ人が見たら、やっぱり御馴染みの看板が写っていたりしていて、興ざめするのだろうか?それともそういうことは、全く感じないのかな?また、感じるんだけど、構図の良さやクリア感が勝って、良いと感じるんだろうか?
 ワタシは後者なのかなぁと、おぼろに思っています。でもよく見ると、空・雲の表情とかが、ずるいくらいいいんだよね。ああいう天候を待っていたりするのかな?自分でも、そういった下世話なものを撮ってみて、カッコイイと思える写真にしてみたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2004

お子様向けお子様活劇 サンダーバード

 サンダーバードは1960年代にBBCにて放映された、スーパー・マリオネットと呼ばれる、特撮人形劇でした。国際救助隊というスーパーメカを駆使するチームが、誰と戦うというわけではなく、ひたすらストイックに人災・自然災害から窮地に立たされた人々を救うというテーマで、英国・日本で大ヒットを飛ばしたものでした。(後期、今回出てくる悪玉フッドも出てくるんだけどさ)
 あのメカが凄い。あの南の島の秘密基地がカッコイイ。偶然の災害と知力・勇気で戦う姿が良い。想像を超えたメカが一般の市民の前に現れ、彼らが驚く姿が面白い。
 しかし今回の映画の主役は、メカでもサンダーバードという組織でもない、そのファミリーの末っ子アラン(BBCでの本編では、4号を担当していたよね)の冒険活劇で、彼の成長を描くというストーリーとなっています。
 これはかなり残念な結果でしたね。しまいには超能力まで出てきちゃって、それは反則だと思うんだ。
 思ってみれば、あのスーパー・マリオネットのサンダーバードは、アメリカではウケてないんだよね。今回、アメリカ資本で作成された映画なんだから、彼らのお気に入りの構図である悪対正義、成熟していく若い力みたいなところがクローズ・アップされてもしょうがない事なんだろうけど。3人の子供が活躍する映画なんて、ハリポッターで十分じゃないのか?
 ペネロープがチャーミングだったのと、3号の発射シーンが迫力だったのがよかったくらいだな。
 今回は辛くてすまん。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 07, 2004

長距離通勤電車の掟と挫折

eki2 東京都の仕事場まで、片道1時間の東海道線で通っている。1時間は東海道線に乗っている時間であり、最寄の駅に行くまでの時間もあれば、東京の駅で別の電車に乗り換えて、という時間もあるわけで、通勤には大体2時間くらいの時間がかかる。
 朝は当然早いが、そんな田舎の駅なので、激混み通勤電車で有名な東海道線でも、座っていくことが可能で、小一時間睡眠をとることも出来る。貴重な睡眠時間だ。
 座ることが可能だといっても、駅に着く電車の席の半分以上は埋まっているので、ホームで並んで座れる人数だけが乗り込んでしまったら、次の電車を待つ。東海道線はボックス席で座れる人数が多く取れるのと、通勤タイムのダイヤは5分おきくらいなので、1本やり過ごすくらいですぐ乗れる。こうした待ち時間を見込んで、朝、家を出る時刻を調整するのである。
 このようなやり方は、誰に教えられるわけでもなく、毎日通っていくうちに覚えていき、決まった生活リズムを送っている会社員は全て、そうした電車の乗り方をしている。サラリーマンは毎日決まった時刻に会社に行くわけだし、大体いつも同じメンバーが同じ時刻に電車に乗ることになるのは、自然の成り行きである。朝の遠距離通勤電車は、そういうわけで、不文律の乗り方が出来ており、切実な掟があるのだ。

Continue reading "長距離通勤電車の掟と挫折"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 06, 2004

トイカメラ的撮影

qsu 知人に写真アルバムを見せていたら、この土瓶の写真は何だ?と聞かれた。
「土瓶じゃなくて、急須だよ。気に入っている急須。接写したんだ」
「意味が分からない」
「気に入っているものの写真を撮ったってコト」
「自分で作ったの?」
「いや、市販されている物」
「ふうん・・」
 記念でもなく、珍しいものでもなく、表情を持っていない日常品を撮るという行為が、解せないらしい。

Continue reading "トイカメラ的撮影"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2004

たまには

今日は呑み。
たまにはゆっくり。
渋谷にて 携帯より
040804_2322001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2004

夏なんだからお祭りということで Gettin' in over my head(Brian Wilson)(こうさぎ)

きょうBAMBIEはNされた。
bariの、ことみたいなローリングしたの?
bariは、

 ブライアン・ウィルソンの新譜は、6年ぶりだそうです。
もうそんなに経つんだぁ。

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「BAMBIE」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

百器徒然袋 風(京極夏彦)

kyougoku.jpg 暫く買っていなかったのですが、前々回の直木賞のご祝儀ということで、買ってみました京極堂シリーズの新作です。

Continue reading "百器徒然袋 風(京極夏彦)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2004

うーん、ヴードゥー N'Awlinz: Dis Dat or d'Udda(Dr.John)

drjohn.jpg ドクター・ジョンの新譜は何て発音するの?「N'Awlinz: Dis Dat or d'Udda」New Orleans: this, that or doo waddaみたいに読めばいいんですか?やっぱりニュー・オリンズなんですね。で、邦題も「ニュー・オリンズ」
 こいつも昨日紹介したのに負けず劣らずな凄いゲスト満載。B.B.キングゲイトマウスとかも気を引きますね。なに?ライ・クーダーの息子だとぉ?
 ニュー・オリンズというキーワードは、JazzやR&Bの所縁の地ということで、それらの接点を垣間見ることができますよ、このアルバムは。そういうクラシック・ニュー・オリンズのオン・パレード。
 はっきり言って爽やかではないですが、二日酔いの朝の味噌汁みたいにキますよ。これは良いダシでてるわぁ。
 燦々としたビーチで聴いて、おネーちゃんに気味悪がられる事、間違いなしの良作。
 でもやっぱり、もうちっと涼しいところで聴こうかな・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2004

恐るべきトイカメラ スメサンゴ

tajyu いつかも言っておりましたが、トイカメラの定義はちゃちくて安いというトコロにあると思います。で、ヤフオクで安く手に入れられたので買いました、「LOMO Smena35」通称スメサンゴ。3900円だったです。
 その素晴らしい性能(写り具合)については、色々なトコロで語られていますが、はっきり言ってこいつのウリは、「オール・プラスチックで玩具みたいにちゃちい作り」=「子供に買ってあげられるくらい安い」のに、素晴らしい写りをするところにあります。高くて写りが良いのは当たり前なワケです。同じロモのスメナシリーズでSMENA8M(通称スメハチ)というカメラが比較的入手しやすいのに対して、もう作っていないのか、このスメサンゴの在庫状況はほとんどなかった為、一時期、価格が高騰したんだよね(と言っても、1万円まではいかなかったか・・)。そういう価値のつけかたは良くないと。安いトコロに驚きがあるのだから。高いお金を出すのなら、ROLLEI35を買えばいいんです。
 まぁ、オジサンの小言はこのくらいにして、写真の出来上がり具合がとてもよろしかったので、今日は思いっきり作例入れて語りたいと思います。つうことで、続きは下のリンク・・

Continue reading "恐るべきトイカメラ スメサンゴ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2004

夏なんだからお祭りということで Gettin' in over my head(Brian Wilson)

brai.jpg ブライアン・ウィルソンの新譜は、6年ぶりだそうです。もうそんなに経つんだぁ。自分が年食ってないつもりでいるからそう思うのかな?
 ゲストがエルトン・ジョン, エリック・クラプトン,ポール・マッカートニーと、豪華で少し驚きますが、ソロとしては3枚目なので比べるものが少なすぎますね。今回は書き下ろしの新曲がほとんど無くて、どちらかというと未発表曲集という色合いが濃いので、サービスの為に豪華な人たちを揃えたのでしょうか?でも全部新録なんだよね。
 既に出来上がっていた曲なので、ブライアン・ウィルソン節満載なのは当然の結果でしょう。管楽器の使い方がポップでいいんだよね。藤子不二雄のマンガみたいなポップさ。変な風に渋枯れした大人とは違う、さらっと聴かせるスタンス。でも真似出来ないアレンジなんだよな。
 ジャケット・デザインはサージェント・ペパーズのデザインを手掛けたピーター・ブレイクだそうで、今回はポールも参加してるし、実のところビートルズと張り合って紆余曲折してきたトコロをまだ引き摺っているのか、これで断ち切ったのだという宣言なのか、色々深読みしたくなりますね。
 全曲明快にビーチ・ボーイズフレイバーで、クラプトンとの曲も新機軸っぽくて面白かったですが、ボーカルは声出てませんねぇ・・つらい・・。
 企画モノというお祭りに免じて赦しますか・・。他界したカール・ウィルソンの録音トラックにオバーダビングしたという曲もあることですし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »