« うーん、ヴードゥー N'Awlinz: Dis Dat or d'Udda(Dr.John) | Main | 夏なんだからお祭りということで Gettin' in over my head(Brian Wilson)(こうさぎ) »

August 04, 2004

百器徒然袋 風(京極夏彦)

kyougoku.jpg 暫く買っていなかったのですが、前々回の直木賞のご祝儀ということで、買ってみました京極堂シリーズの新作です。

 妖怪・憑き物落しモノと言われている京極堂シリーズの一番の見るべき点は、他でもなく、「記憶を媒体とした時系の解釈」によって、心霊現象と世に言われているものを説明し、「この世に不思議なものなどない」と、有象無象の事柄を整理するところにあります。(しっかし、一口に説明し辛い文章ですね。だからこそ、あの人の作品は分厚いし、こればっかりは読んでもらった方が、分かりやすいと思いますわ)
 呪詛についての解釈は、先日に紹介した中島らもの「ガダラの豚」にも詳しかったですが、特別なものではなく、少なからず色々な論文で科学的に語られていますし、禅宗・真言などの仏教や神道といった宗教観も、驚くに値しない解釈ですが、「記憶を媒体とした時系の解釈」というのは、京極夏彦がエポックメイキングなのではないでしょうか?でも、こんなの真面目に論文にしたらちょっと恥ずかしいかも知れんが・・。
ubume.jpg そういったテーマを味わうには、実は京極堂シリーズの第1作目「姑獲鳥(うぶめ)の夏」が一番丁寧に書き込まれていて面白いのですが、実を申しますとモチーフになっている事件については、どれをとってもぱっとしたものが少なく、ストーリー的に面白いと思えたものはあまりなかった様に思います(それでもワタシはもう5、6冊読んでいるんですけど)。事件・ストーリーに面白味が欠けることについては、このシリーズの狙いとして「事実はなんでもない事なのに、異質に見える」ものを取り上げていると推測されるのでしょうがないですが、それでもここまでシリーズの回数を重ねる人気の秘訣は、登場人物たちの魅力的で個性的なキャラクターが、しっかり書き込まれているところにあるからでしょう。この人たちが、ただ日常を過ごすだけでも、面白そうですから。
 今回の「百器徒然袋 風」は、その登場人物の中でも取り分けキャラクターが強く、特殊な能力(体質?)のある、榎木津という探偵を中心として描かれているので、ただただ楽しく読み進むことが出来るでしょう。ひとつ苦言を言わせてもらうと、この人たちって、こぞって意地悪で不親切なので嫌な気持ちになる時もありますね。主人公というか狂言回しの役割である本島くんも、ひたすら彼らに苛められるのですが、あまりに現実離れした優柔不断さを持っている為、全く可哀想とも思えないのですが・・。マンガ的なギャグとして自虐してるんですね。
 キャラクターを立たせる為に、極端な性格を集めているのも作品傾向として理解できるし、みんなが懇切丁寧で親切だと、物語の途中で謎の種明かしがされてしまって、オチが丸分かりの、とてもミステリと呼べる小説でなくなってしまうので、これもしょうがないことなんですけどね。旧作から読んでいるファンには、キャラクター・パターンの分かりきった彼らの活躍は堪らない魅力でしょうが、初めて京極夏彦を読むなら、コレでなく、第1作をお勧めします。
 そういえば、1作目の映画化が決まり、キャスティングも発表されたそうですが、どんなもんなんでしょうね?京極堂は、最初に言ったように、現象の解釈に本当の面白さがあるので、映像作品として面白いものが出来ても、ストーリーとして面白いものが出来るかは、疑問があるなぁ。

|

« うーん、ヴードゥー N'Awlinz: Dis Dat or d'Udda(Dr.John) | Main | 夏なんだからお祭りということで Gettin' in over my head(Brian Wilson)(こうさぎ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/1116013

Listed below are links to weblogs that reference 百器徒然袋 風(京極夏彦):

« うーん、ヴードゥー N'Awlinz: Dis Dat or d'Udda(Dr.John) | Main | 夏なんだからお祭りということで Gettin' in over my head(Brian Wilson)(こうさぎ) »