« 切ないロマンスが命 燃えよ剣(司馬遼太郎) | Main | 昨日のつづき 反面教師写真 »

July 07, 2004

高解像度のフィルムに驚く

tetra 銀盤カメラの楽しさは、カメラ本体に加えて、フィルムとの組み合わせでもまた、違った味わいが出るところにあります。
 前にLOMO LC-AとAGFA ULTRAの組み合わせを少し書きましたが、今回は、KODAK HDという高解像度フィルムとROLLEI 35Sで撮ってみました。
 このフィルムはULTRAとそんなに値が違いませんね。手に入りやすそうだし。で、この描写。背筋に来ましたね。画像をクリックして、是非大きい画像で見てください。砂の一粒一粒まで見えるぞ!(実はこの2倍の大きさでスキャンしてあるんだけど、本当に粒が数えられるよ)色がまた、ナチュラルだよねぇ。ツァイスレンズの力もあるのか?
 別に宣伝じゃないんだけど、これは良いねぇ。脂っこくULTRAかシャープにHDかって使い方が出来るのかな。
 これからも、色々試してみようと思います。


-ROLLEI 35S KODAK HD 湘南潮来にて-

|

« 切ないロマンスが命 燃えよ剣(司馬遼太郎) | Main | 昨日のつづき 反面教師写真 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/915388

Listed below are links to weblogs that reference 高解像度のフィルムに驚く:

« 切ないロマンスが命 燃えよ剣(司馬遼太郎) | Main | 昨日のつづき 反面教師写真 »