« ほうれん草のバター炒めだって?!(こうさぎ) | Main | こうさぎにはいちいちツッコまんよ »

July 04, 2004

立川談志 一門会 よみうりホール

 観て来ましたよ、一門会。出演、演目は以下の通り。
談慶:看板のピン
談春:鰻の幇間
志らく:玉屋(天国から来たチャンピオン)
談志:三軒長屋
 実は、志らく、志の輔以外の立川流は、初めて観ました。談慶は真面目にやってるね、という好感度。談春は現代的なギャグのセンスが秀逸で、面白かったなぁ。
 志らくは、新作落語ってやつですね。古典に対抗する語でいうと。話し方のテンポが凄く速くて、もう少しゆっくりやっても良いかとも思うんだけど、味がある。登場人物のキャラクターが考え抜かれていて、噺の内容は映画を落語の時代に焼きなおしたものなんだろうけど、これまた作り方が上手くて面白かったです。
 家元は、こういう会ではさらっとした噺をやって済まそうと考えていたのか、権兵衛狸と落語チャンチャカチャンを演ると、言っておきながら、権兵衛狸がこの場にそぐわないと判断したのでしょう。何か別の演目に変えようと四苦八苦。結局、三軒長屋の前段を演って、「今日は申し訳ない」とか謝っておりました。確かに、流れるような話し振りであったものの、もうひとつ入り込めなかったかな。
 なぜか、小話がドッカンドッカンとウケてたんだよね。談志師匠は、こうした小話を色々やってそのウケ具合で、その日の演目を決めるやり方をするんです。どういうチョイスかは判らないけどね。各地でやった噺を色々混ぜて、そのウケ具合で、今日の客はこの間の国際フォーラムの客が多いな、あのときのネタはやめようとか、考えているのか、シモネタ系・イリュージョン系等のどれに喰いつきがよいか?とか、そういう感じなのでしょうか?
 そういえば、前に志らくと演ったのを観たときも、権兵衛狸だった様な気がするな。弟子と一緒にやるときは、弟子を立てて、マニアックな大ネタを避ける傾向があるのでしょうか?でも、今回は、それを回避しようとする心が働いたのか?家元の気持に興味津々な夜でした。

-追記-
またまた、「猫の夜会ライブラリー(night clowder library)舞台部」さんが詳細なレビューを書いておられます。
参照ください。これ

|

« ほうれん草のバター炒めだって?!(こうさぎ) | Main | こうさぎにはいちいちツッコまんよ »

Comments

BARIさん、またTBありがとうございます。留守していたもので遅くなりましたが、きっといらしているだろうと楽しみにしておりました。親子会だからどうかな?と前回書いたのはまさに仰るような理由で。今回は志らくが大受けしてたので、逡巡が出たような気が実はします。そこが凄いところと思うけど。ジョークはほんとに受けてて、私も驚きました。

Posted by: brary | July 06, 2004 at 12:12 PM

braryさん、わざわざご挨拶すいません。
やっぱり、親子会だとサラっと流す傾向にあるんですね。談志師匠。
志らくだけじゃなくて、談春でもドッカンドッカン来てましたからね。師匠が軽く演るのを許すまじという視線を、受け取ってしまったんですかね?

Posted by: BARI | July 07, 2004 at 12:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/896823

Listed below are links to weblogs that reference 立川談志 一門会 よみうりホール:

« ほうれん草のバター炒めだって?!(こうさぎ) | Main | こうさぎにはいちいちツッコまんよ »