« フィルムの話 | Main | ポール・マッカートニー、日本での逮捕を語る »

June 04, 2004

空気を撮る

flo2 昨日は癖のある色の写真を掲載したので、今日はその逆の写真をアゲます。
 ROLLEI35というドイツのコンパクト・カメラは、カール・ツァイスのレンズを使っているので有名ですが、ワタシのROLLEI35Sはカール・ツァイスのレンズそのものではなく、設計されたものをシンガポールで製造したというものなので、正式にツァイス・レンズとは呼ばれませんが、その実力は評価されています。
 拡大してみると(ここの写真は、クリックすると大きくなるよ、前からね)なんていうか、その自然なままの描写が伝えられると思います。
 何処かのページでも書かれていましたが、空気感が写っているんですね。わかります?俺だけかなぁ・・。
 ま、思いは人それぞれですが、LOMO LC-Aと対極を行くカメラだということは、わかって頂けると思います。
 そうした二つのカメラの共通点は、コンパクト・カメラであるということと、ピント設定が目測であるということですね。
 で、これだけカメラもってて、二つとも大のお気に入りだと言っておきながら、何故かもう一個欲しくなってるんだよね。今度は超高性能のオート・コンパクト・カメラ。どうしてもコンパクト・カメラからは離れられません。一眼はちっとも欲しいと思わんね。持ち歩きに不便で、スナップに向かないからね。
 そのうち、買いましたぁって書くでしょうね。賞与沢山もらえるかなぁ・・・

|

« フィルムの話 | Main | ポール・マッカートニー、日本での逮捕を語る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 空気を撮る:

« フィルムの話 | Main | ポール・マッカートニー、日本での逮捕を語る »