« ほうれん草のバター炒めだって?! | Main | 私がMINOLTA TC-1を選んだ理由 »

June 29, 2004

路地のアート

roji 平塚の駅の近くにある路地での写真です。壁の絵は、日比野克彦ですね。
 少し前に書いた、街を上げてのプロジェクトでの作品です。そこいらの落書きとは、一線を画していると思います。写真を撮ったときに出来ていた何かの影も、味になっている気がします。
 元々、この絵を撮ろうと思って路地を探したのですが、ウチの近所でも、品川区にある会社の近所にも在る、路地そのものに興味が出てきました。生活に密着した、機能的に使われている路地。その街を活用しなければ、触れられない路地。路地そのものに体温があり、生き方が在る。日比野克彦氏は、ここに書くことで、その路地とのコラボレートを試みたのでしょう。


- LOMO LC-A HIRATUKAにて -

|

« ほうれん草のバター炒めだって?! | Main | 私がMINOLTA TC-1を選んだ理由 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 路地のアート:

« ほうれん草のバター炒めだって?! | Main | 私がMINOLTA TC-1を選んだ理由 »