« 空の写真 | Main | フィルムの話 »

June 02, 2004

崑崙遊撃隊(山田正紀)

konron.jpg 山田正紀の「崑崙遊撃隊」を読みました。
 これは、前に「虎口からの脱出」について書いたときに、ネットで色々調べていたら、「虎口からの脱出」はこの作品のパクリであるという文章を見つけたからなのです。
 「ふーん、そうなのか」くらいに思って、それじゃその元ネタでも読んでみるかと、探して読んでみたんですが、舞台となる国とか時代設定が同じだけで、ワタシにはパクリとは思えなかったですねぇ。それよりなにより、あんまり没頭して読めるほど熱くなれなかったし・・。
 まず、1933年の上海という想像力を掻き立てる設定であるにもかかわらず、その場の匂いをかいだ気になれない淡白な書き込みだし、ゴビ砂漠に荒唐無稽な生物が出てくるのは願ってもないことで、アナーキーで面白いエピソードなんだけど、読んでるワタシの気持ちが盛り上がりませんでした。なんでだろうね?ストーリーは面白いと思うんだけど・・・
 こういう冒険小説は感情移入できないとスカッとしないんだけど、あれだけの情報量で感情移入出来るだけのイメージが自分に無いと、ついていけないんだろうね。ワタシでもついていける様になるには、もっと細かい書き込みを沢山してもらわないと、駄目だったんでしょう。
 面白い小説は、素敵な少しの嘘と、どうでも良い沢山の本当からなっているって、矢作俊彦も言ってたし。(誰かの引用だったけ)
 ま、もうひとつだったです。もう少し、違うの読んでみようかな?

|

« 空の写真 | Main | フィルムの話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 崑崙遊撃隊(山田正紀):

« 空の写真 | Main | フィルムの話 »