« 訃報(レイ・チャールズ) | Main | 矢作俊彦・石丸元章 対談 »

June 12, 2004

Franz Ferdinand(Franz Ferdinand)

franz.jpg ロックとしては、久しぶりに出ましたね。新しい匂いのするものが。グラスゴーで結成されたロック・バンド「フランツ・フェルディナンド」です。
 聴いた瞬間「なんだこりゃ?」というほど、ぶち抜けています。これをカッコ良いと言わないと、「お前ダサイねぇ」って言われそうな程、昨今のロック・シーンと一線を画きながら、無性に肯定的なサウンド作りで、おっかないです。
 その実、よく聴くと、むかーしのブリティッシュ・ロックのバンドが、最新式の録音機材とエフェクターを使ったら、こんな感じなんじゃなかろうか?とも思うし、とにかく色んなモノを吸収していて、熱いんだよね。
 ギターのリフがとてもキャッチーで、耳に残るんだけど、どこかインディーな匂いもする。アメリカで言ったら、ドアーズ(ちょっと歌い方がジム・モリソンだと思わない?)。でも、あれだな、70年後半から80年代にかけてのイギリスで流行ったロックを、ゴッタ煮にした感じだろうか?メジャーな所からマイナーなところまで。
 これはちょっと面白いですよ。ハナシの種にいかがですか?

|

« 訃報(レイ・チャールズ) | Main | 矢作俊彦・石丸元章 対談 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Franz Ferdinand(Franz Ferdinand):

« 訃報(レイ・チャールズ) | Main | 矢作俊彦・石丸元章 対談 »