« キース・リチャーズに映画出演オファー!? | Main | 久しぶりの街 »

May 06, 2004

事実(笹川美和)

jijitu.jpg この人の曲について、初めて心に引っかかったのは、有線に流れてきたピアノのイントロで、「これはいいなぁ、誰だろう?」なんて思ってたのですが、そのうち「わらい~わらへぇ~」という歌詞で、「ああ、あのCMで流れてたやつかぁ」と認識したのでした。
 「もう一度最初から聴きたいな」と思っていたけど、テレビ自体あんまり観る暇もなくて、誰の曲かも分からなかったし、小岩井純水果汁のCMであると認識出来たのがつい先日。そこからはインタネで検索しまくって、笹川美和という人の「笑」という曲だと調べがついたわけです、部長。
 エイベックスの大型新人なんだってね。気合十分で、ジャケットはなんと荒木経惟だし、CMソングにゃなってるし、ドラマの主題歌もやってるっていうじゃありませんか。プロデュースの林有三という人も、この人の個性を立たせまくったアレンジをしていて、これは間違いないなぁ。
 農耕民族特有のオン・ビートとコブシは、本当に個性的で、日本人の郷愁を呼び起こしますよね。

 アルバムを買ってみて思ったことが2点あって、ひとつは、アルバムを通して全ての曲のタイトルが、歌詞の中で使われている単語だけだということ。これは意識してやってるんですかね?「笑」とか「金木犀」とかいうのは素直に受取れるのですが、「尽くす」とか「ならば」「ただただ」になると、何か尋常でない思惑を感じます。
 ワタシも詩を書くので、この辺のところを自分の体験に当てはめて憶測すると、こういうタイトルをつける時って、「こういうことを書こう」というプロットがなくて、ただただ感情の赴くまま書いた詩に、「さてタイトルはどうする?」「ええぃめんどくせー、これでいいやぁ!!」とつけるパターンがほとんどなのですが、これも同じパターンなのでしょうかね?本人に、とても聞いて見たいです。
 色々検索をしていて、この人は音楽をやりたいというより、元来は詩人だったんだということが分かったので、やはり感情が溢れ出たときに書き留めたものに、メロディーをつけているというのは、当っている気がしますが。
 もう一点は、これも全体を通して共通のテーマが「無償の愛」であると見て取れることです。気になったのは、そうした詩が一人称で書かれていることで、「私は無償の愛を以って、あなたを愛しているのです」と公言する事自体、どこか見返りを期待しているような感じが出るじゃありませんか。「かわりにあなたも、もっと愛して」なのか「こんな私を哀れに思って下さい」みたいに。でも、中島みゆきが狙って作った「うらみ節」みたいな印象とも違うし、どこか、そういう「見返りを期待しているように取られないようにしないと・・」という言葉の作り方が見えるような気がして、興味深いところがあります。
 まだまだCDは出して行くのでしょうから、2作目は違ったテーマが来るのか、それとももっと吹っ切れた形での愛の在り方が提示されるのか、はたまたこのままの姿勢を貫くのか、楽しみですね。

 話は最初に戻って、アルバムバージョンの「笑」のイントロは、思っていたピアノのものとは異なって聞こえました。エイベックス以前にインディーズからも同曲が出ているらしく、そっちのバージョンなのかな?これも聴いてみないと・・・

|

« キース・リチャーズに映画出演オファー!? | Main | 久しぶりの街 »

Comments

はじめまして、くりおねと申します。
トラックバックをありがとうございました。
かなり時間がたってからのコメントで申し訳ありません。実は「事実」、入手はしていたのですがなかなか聴けなかったのです。
メロディラインといい言葉といい、心地よい独特の世界を持っている人ですよね。これから追いかけ続けていってみようと思います。

Posted by: くりおね | May 16, 2004 at 10:00 PM

くりおね様
はじめまして、BARIです。
こちらこそ、トラック・バックさせていただいて
ありがとうございます。

このアルバムは、自然に体から染み出た言葉が、
気持ちよいビートを持っていて、
何気なく流していても良いですね。
癒されるというか。
今後とも宜しく、お願いいたします。

Posted by: BARI | May 17, 2004 at 06:00 PM

私はSASAMI CAFEという美和さんのファンサイトを運営しています。笹川美和さんを語っている方がいらっしゃるのを見つけ入り込んでしまいました。最近CMを見たり、TVドラマの主題歌を聞いて笹川美和を知ってくださる方が増えとてもうれしく思っています。また、アルバムを購入しこのように内容について熱く語っていただけると喜びもひとしおです。というのも昨年メジャーデビューしたのですが思った以上に知名度が上がらず、このまま一部のコアなファンだけの存在になってしまうのかと危惧していたからです。美和さんは新潟紫雲寺町の自然を愛し、家族やお友達との生活の中で音楽を創り出しています。いろいろと批評が出ていますが、「笑」という曲は美和ワールドの中では少々異質な曲で、本質的には「祈り」と「情念」(本人の表現によれば)の世界観で成り立っています。
ただ、はっきり言ってまだ成長過程の21歳のお嬢さま?ですから。
欠点や未完成な部分もひっくるめて笹川美和の魅力だと思っています。ぜひSASAMI CAFEにいらっしゃってください。

Posted by: mook | May 24, 2004 at 03:11 PM

MOOK様
はじめまして

>欠点や未完成な部分もひっくるめて笹川美和の魅力だと思っています。

まったく、その通りですね。
あっちを立てれば、こっちが立たなくなるし、
欠点をなくすと個性が消えてしまう。
これからどのようになっていくのか、楽しみな存在です。
今後も宜しくお願いいたします。

Posted by: BARI | May 24, 2004 at 11:24 PM

BARIさん、こんにちは。くりおねです。
やっと「事実」の感想を書いたので、トラックバックをしようとしたら、なぜだか古い記事もトラックバックしてしまいました。そちらの方は削除して下さいませ(^_^;)

Posted by: くりおね | June 05, 2004 at 04:12 PM

くりおねさん、こんにちは!
とうとう書きましたね。読ませていただきました。
余分なトラック・バックは減るもんじゃなし、にぎやかなので、そのままにしましょう。

Posted by: BARI | June 06, 2004 at 05:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/548496

Listed below are links to weblogs that reference 事実(笹川美和):

» 笹川美和-事実 [daydream837]
2003年11月19日発売、笹川美和ファーストアルバム「事実」について。 [Read More]

Tracked on June 03, 2004 at 03:49 PM

» CMソング 小岩井純水果汁 [くりおね あくえりあむ]
テレビから流れてきた歌声に、「ん?」と思う。 一時期J-WAVEでひんぱんに流れ [Read More]

Tracked on June 05, 2004 at 04:09 PM

» MUSIC 「事実」 笹川美和 [くりおね あくえりあむ]
最近新バージョンになった「小岩井純水果汁」のCM。そこで変わらず流れている「わ~ [Read More]

Tracked on June 05, 2004 at 04:11 PM

« キース・リチャーズに映画出演オファー!? | Main | 久しぶりの街 »