Main | May 2004 »

April 30, 2004

「CASSHERN」を観たよ

映画「CASSHERN」みました。「キャシャーンがやらねば誰がやる?!」って唐沢のナレーションでしょ。予告編。
 あの予告編をみて、画像の感じがやっぱりカッコいいじゃないですか。
 あたしゃLOMOとか好きだからさ。ここのプロフィールの写真もLOMOのサイバー・サンプラーで撮ったものなんだけど、何か通じるものがあるんですよ。少し前から若いコに流行っていたし、今の感性なんだろうね。で、絶対みてやろうと思っていて、見に行ったわけです。
utada.jpg 映像は元々期待していた通りのものだったし、音楽・演技の質と演出、テーマにいたるまで、感心しましたね。いやぁ、最近の日本映画はいいねぇ。
 「そーか、そんなに良いなら観てみようか」という人に、ひとつ気をつけてもらいたいのは、ハリウッド映画の様にカタルシスで終わらないので、スカっとしようと思って見る映画では無いということですかね。
 原作はよく知らなかったんですよ。タツノコ・プロは「いなかっぺ大将」以来観てなくて、「ガッチャマン」もサワリしか知らない程度のものなんだけど、今回の作品はオリジナルのストーリーとは少し違うみたいで、石森章太郎とかに通じる、「人間とは?」というテーマがあって、そこをつきつめていく形でストーリーが進んでいきます。
 欲をいえば、そのテーマを分からしめる為に説明的・短絡的な人の感情表現があって、コレがクサかったなぁと。
 例えば、日本人なら、戦争に行った息子が死んだ知らせを受けた時に、どんな態度をとるのがリアルか?というところまで突き詰めるともっと良い映画になったんじゃないかなぁ。
 今の例でいうと、死んだという知らせに驚き、泣き叫んで悲しみくれるということは、実際にはないと思うんだよね。本当なら、戦争に行くときにすでに「死んでしまうかも知れない」という覚悟があって、「やっぱり駄目だったか・・」という、悲しみの爆発ではなく、やるせなさというものが、リアルなのかなと。
 今のは単なる例に過ぎなくて、ほかにもそうした「もう一歩、人間感情に踏み込んだ」表現があればなぁと、思った次第です。
 分かりやすくデフォルメ化された登場人物の所作でストーリーが運ばれるのは良いんだけど、テーマとしているものがあまりにも壮大で繊細なものだし、そのテーマを重んじたが故に、スカッとしたアクション映画に終わらせてないワケなんだから、そこまで踏み込んでくれれば、感動もひとしおだったのではないかと思います。でもコレはちょっと辛すぎの評価かな。
 映像がよかったので、ワタシとしてはお勧めに値するものでした。紀里谷監督のこれからが楽しみ。
 写真は著作がうるさそうなので使えそうもないし、でも画像がないとなんとなく寂しいし、ということで、紀里谷夫人の歌う主題歌のジャケを入れてみました・・

| | Comments (2) | TrackBack (1)

April 29, 2004

「マイ・ブック」を頼んでみました

 ここのところ、LOMO LC-Aとかのカメラに凝っていて、自分のホーム・ページで写真を公開したりしているんだけど、やっぱりアルバムとか作ったりする方が楽しいじゃないですか。で、個人的に写真集とか作れたらいいなぁなんて思ってて、「インタネで探したらもっと手軽に作れるサービスがあるんじゃなかろうか?」なんて、探したらあったんです。 「MY BOOK」ってサービスが。
album2.jpg 通常、写真集なんて作ろうとしたら、100冊から数万円でってなオーダーだったりするんですが、こいつは1冊2~3千円からってオーダーで、ちょいと小洒落たアルバムとそんなに変わらない価格じゃぁありませんか。乗らない手はないだろうと早速試してみた次第です。
 マイ・ブックのホームページからソフトをダウンロードして、そのソフトで写真集の編集をするんですが、デジカメで撮った写真やスキャナで取り込んだJPGを貼り付けたり、文字を入れたり、バックの色を指定したりと、簡単な作業を行った後に送信ボタンを押して、住所と支払い方法を指定するだけで、家に出来上がった写真集が送られてきました。
 仕上がり具合もいいんじゃないですか?思ってより安いよねぇ。こら、クセになりそうだなぁ。
 あっ、決して会社の回し者じゃないです。ただ情報としてね。こんなのがあるよと。
 子供の写真集とか作るといいんじゃないですか。マニアじゃなくても利用価値があると思いますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Keep It Simple(ケブモ)

kevmo.jpg たまたまCD屋で見つけたBLUESのものですが、ちょいとハマリましたね。
 KEB'MO'(ケブモ)という人の、「Keep It Simple 」というアルバムです。日本盤は出てないかも知れないなぁ。
 素直に、BLUESやってます。歌とギターはやっぱし上手いよねぇ。ギターはロバート・クレイっぽいかなぁと思ったら、一曲だけだけど、ホントに参加してました。
 もともとケビン・ムーアという名前でセッションで色んなトコロに参加していた人らしいんだけど、これだけの技量があって、まだアルバム3枚ってぇのは、少ないよね。
 クラプトンみたいな大御所じゃなくて、ちょいとマイナーな本格派が聴きたいって人は、聴いてみるべし。もちろん、クラプトン信者も、聴いてみてよ。
 そういえば、クラプトンの新譜「ロバジョンとワタシ」も買ってないけど、聴かせて貰ったら、よかったよぉ。サウンドの作りが凝ってて、カントリー・ブルーズをよく表現出来ている佳作だと思いました。あれも買っちゃおうかな・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 28, 2004

使っている携帯会社を当てる?

 人を見て・話をして、その人の血液型を当てたりとか、そういう事が得意な人っているじゃないですか。
 それを、その人が使っている携帯が、docomoであるとか、auであるとか、持ってないとかいうのを、見事に当てる人がいるんです。やっぱり性格がでるんですかねぇ。侮れないですねぇ。携帯占いとでも申しましょうか。
 それだけなんですけどね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 26, 2004

てなわけで

040326_2312001.jpg てなわけで、さっそくテストで携帯から投稿することに。
写真は、初めて当たったオモチャのカンヅメ。最近の自慢なのよ。
 ワタシひとりで取ったわけじゃないけどね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

はじめました

 自分のページは既にあるのよ。ただ、あそこって、気合を入れないと中々書けなくて、ほとんど日記ってより、月記になっちゃってるんで、あそこは月刊誌、ここは日刊紙(ホントに毎日更新するつもりはないけど・・)で、やっていけたらなあと、甘く思ってます。
 さっそく作りにかかって、まだコンテンツも出来上がらないウチから「サイトを表示」させてみようとしたら、「ウェブログをみる前に、記事を書いてみてください。」みたいにメッセージが出て怒られちゃうし、ぼつぼつやって、充実させていこうかなと思ってますわ。
 今後ともよろしくね。(BARI

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | May 2004 »